韓国の反応 


[ハンギョレ]進化的適応行動「寄生虫の回避理論」を実験する

糞や涎、唾液との接触を避ける人間の行動は、寄生虫感染を防ぐための進化的適応機制だ。 研究チームは、チンパンジーはどのように行動するかどうかを実験した。

関連投稿:
韓国人「韓国の子供達はどうしてのウンチの話しが好きなのか?」 韓国反応
【悲報】 韓国人「中国で糞大爆発」 【画像】

1

人間はウンコを嫌う。伝統的な進化理論の説明ぶ従うと、病原体や寄生虫感染を防ぐための適応行動だ。 唾や血液、体液に触れない様にすることも、そのような理由からだ。

動物はどうか? 田舎に行けば、糞を食べている犬が見られ、糞をべたべたつけて歩いている草食動物も動物園で見ることができる。 これは特定環境で発現した行動になるのだろうか? それとも一般的行動になるのだろうか? 意外と動物たちが糞をどう考えているかについて研究した事例があまりない。げっ歯類や有蹄類など動物に対する本格的研究はまだ少ない方だ。



日本の京都大学霊長類研究センターのセシル・サラビアン博士などの研究チームが、人間と一番近い親戚のチンパンジーを対象に「糞実験」をした。 チンパンジーはウンチをどのようについたのだろうか。 人間と同様に糞を恐れていることが分かった。

スポンジ(左)と偽物茶色の糞(右)の上にそれぞれバナナを置いてチンパンジーがどうするのか調べた。

研究チームは茶色、偽の糞、紫色の偽糞そしてスポンジの上にチンパンジーの餌のバナナを置いて反応を注意深く見てみた。 偽糞は紙の生地で作り、本当にの糞と質感が似ていた。

チンパンジーはどうしたのだろうか。 結果は予想外だった。 チンパンジー20頭を対象に実験した結果、チンパンジーは偽糞の上にあるバナナもばたばたとはたいて食べた。

しかし、研究チームが注目したことは食べる順だった。二つの物体を同時に提示した場合、チンパンジーは茶色の偽糞の上のバナナより、スポンジと紫色の偽糞の上のバナナを先に食べる傾向を見せた。研究チームは「食べ物の好感度でリスク回避傾向が現れた」と説明した。

我々が糞を汚いと考える理由は何だろうか? 研究チームは「今回の研究は既存の寄生虫(病原体)、回避理論をチンパンジーでも確認した」と話した。 研究チームは「多様な感覚器官を通じて汚いものを排除しようとする傾向がある。 食べ物を食べる時も重要な判断基準になった。 しかし、(寄生虫感染の危険を甘受しながら食べることも確認された」と話した。

今回の研究結果は、この8日、科学ジャーナル「英国王立オープンサイエンス」に掲載された。


 韓国人の反応 



・韓国人は人糞を楽しむことで知られているが?



・本物の糞の場合は食べた様ね。おもしろいね



・ゴリラが自分の糞を食べるのを知らないの?ハハハおいしく食べていたよ



・本物の糞でやってみろ... 食べる食べないかで一番大切なのは臭いなのだけど



・何故本物の糞で実験をしなかったのだろうか?



・それより犬が糞を食べる理由は何?



・7日飢えてみろ、クソもご飯と見なす



・人間が糞を避けるのは、単純に病原体や寄生虫感染を回避するのではなく、糞によって病気に成ると経験的に認知した学習によるものである可能性が高くないか? チンパンジーが生物学や医学の勉強をしたこともなく、急に病原体と寄生虫のために回避するなんて... 研究がとてもずれている



・糞焼酎や糞をなめる病気治療は韓国の伝統だが



・臭いと寄生虫の関係も不明瞭だが、糞に置かれた餌を食べないのが正しいとしても、それは臭いのためであり、寄生虫のためではないでしょう



・日本の奴は、チンパンジーの様な動物で丸太実験をしようと決心したね



・犬が糞を食べる理由は…犬はもともと肉食動物で胃液が強酸性であり、サルモネラ菌、寄生虫も皆殺すことができる。それで肉食動物は死んで数週間経った腐った遺体も食べられる。一方、人間は雑食性な理由で胃液が弱酸性に成り、腐った肉を食べたらすぐに食中毒にかかる



・ゴリラはウンチを食べていたよ



・他人の糞と自分の糞で実験しなければならない... 人間も変わり得る



・ユーチューブでゴリラやチンパンジーがウンチをし、自分の糞を拾ってひねくり回して食べているのを見ると・・甚だしくはゴリラは人のクソも奪って食べているのに



・糞は汚いのではなく怖いのです



・動物虐待



・この実験を行った日本人研究者がどんなにアホか分かる記事だ。この実験は論理的に判別できるエラーがある。

糞と同じべちゃべちゃの質感の物体に乗せて実験してみると、違う結果が出ている。何故なら、べちゃべちゃの質感はその水分のために食べ物が簡単に腐敗しかねないということを成長したチンパンジーは知っているからだ。

乾燥した質感の上の食べ物は相対的に腐敗にさらされているため、チンパンジーは当然スポンジの上のバナナに先に手が行くのだ。腐敗を知らない若い個体は、直ぐに食べる。上位0.1%の頭脳で論理的に思考すれば、誤りを発見出来る



引用元記事:https://goo.gl/K3o5Rv

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。