韓国の反応 


[インサイト]平昌冬季五輪'を2週間後に控えている中で、五輪部隊施設や食堂で販売しているつまらない食べ物の水準が俎上に乗せられた。

1

この22日、あるオンラインコミュニティでは平昌冬季五輪国際放送センターのIBCセンター内に位置する食堂で実際の販売中の料理の写真が掲載された。

公開された写真を見ると、使い捨てプラスチックの皿に食パン2枚、ベーコン3枚、スクランブルエッグそしてオレンジジュース1本が置かれている。




2

写真を撮って掲載したネットユーザーA氏は「単一チームだ何だとして五輪のためにうるさいけどIBCセンター内の食堂で売っている食べ物価格がほんと驚いた」と説明した。

そして、「あんなごみがおよそ1100円だ」、「ぼったくりと小言を言わずにはいられない」と憤りをあらわにした。

平昌冬季五輪国際放送センターのIBCセンターは、円滑な五輪中継のために設けられた空間に、60あまりの放送局関係者たちが入居している。

議論になった写真の中IBCセンター食堂は、平昌冬季五輪ケータリング・サービス部門のスポンサーに選ばれた新世界(シンセゲ)系列新世界(シンセゲ)フードが運営を務めている。

新世界(シンセゲ)フードは、IBCセンター以外にも平昌(ピョンチャン)選手村、アルペンシアのスポーツパークなどで選手団と大会運営人材、メディア関係者など万人余りの食事を担当している。

写真を見たネチズンからは「これは110円で合って居るだろ」「開いた口がふさがらない」、「本当に怒りが込み上がる」などの書き込みを残し、荒唐無稽だという反応を見せた。

インサイト取材陣は各種オンラインコミュニティとSNS上で論議になっている写真の中の食べ物と関連事実関係の有無を確認するため、新世界(シンセゲ)フードの広報チームに連絡を取った。

新世界(シンセゲ)フード広報チームの関係者は、インサイト取材陣との通話で「ケータリングしているカフェテリアで売っている食べ物だ」、「五輪組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)で策定した価格で販売している」と説明した。

そして、「食べたい食べ物をいれ、品目別に計算するシステム」とし、「現場マネージャーが(顧客に)合理的な価格で販売するセットメニューを勧めたが、単品で購入した」と釈明した。

新世界(シンセゲ)フード広報チームの関係者はまた、「品目別に価格が異なるため、別々に計算すれば1100円は妥当」と話した。

価格に比べて余りにもずさんしたのではないかという非難と関連しては「写真の様に売らず、きれいに入れて販売している」と反論した。

このような批判に、江原道をはじめとする行政当局は五輪開催地域のぼったくり料金の根絶に向けて'税務調査'という対策を打ち出したが、五輪の付帯施設には'ぼったくり料金'がはびこっているという指摘だ。


 韓国人の反応 



・大統領が懸命にオリンピックをなんとか成功させようとしているのに、平昌旅館の主人やレストランが台無しにしている



・こんなスクランブルエッグの原価は60円位だろ



・だからオリンピックはチキンにビールを飲みながら家で楽に観戦しろ、どうして平昌に行きながら寒さに震えながら観戦しなくては成らないんだ?



・オリンピックに来る外国人観光客はその国の食べ物も楽しみにしてくるかも知れないが、不味くて値段だけ高いという認識だけが生じそう



・これは学校給食よりも劣りますね



・こんなボッタくり企業のせいで、本当に恥ずかしいです



・これに1100円も払うならコンビニで500円の弁当を2個買った方が良い、おまけにジュースも買える



・俺が食って居るチャンポン大盛に焼き餃子セットで1000円だぞ



・何がオリンピックだ。国旗も使わずに料金までボッタくりで、こんなオリンピックは止めろ



・これって北朝鮮の機内食で出されたハンバーに近い水準



・これは国際的な恥だ。韓国人だけではなく、外国人からも巻き上げて居る



・家で食パンに玉子焼きを作ってもこんなにコストはかからない。勿論人件費や賃貸料が必要なのだろうけど、それでも高いね



・こんな高い食事を食べさせられながら観戦するなら、家で観戦しろ



・ソウルですら1000円あれば腹いっぱい食べられるし、ハンバーガーセットが買える



・完全に強盗レベルの価格



・例えこれを綺麗に盛り付けて売った居たとしても高いよ



・これは酷い価格だ。200円でも十分だろ



・俺の350円の朝食より酷い



・これが現在の大韓民国の現状だ



引用元記事:https://goo.gl/ri9Nbs

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。