韓国の反応 


政府が30日、現場中心の若者の雇用対策を打ち出したのは政策と現場の間の乖離を縮め、政策の対象者である青年たちがもっと肌に、政策効果を感じられるようにするための緊急処方と解釈される。

1

青年失業を「国家災難」水準と規定したところには、「危機感についた悲壮」も含まれている。 青年雇用政策を上向き式事業に転換して、現場の声を積極的に反映するという意志を盛り込んでいるという評価だ。

大統領直属の雇用委員会李庸燮(イ・ヨンソプ)副委員長が同日発表した青年雇用総合対策は「特段の措置を用意せよ」(25日、青年雇用点検会議)は、ムン・ジェイン大統領の指示による後続措置だ。




2

ムン大統領は最近、「今が'ゴールデンタイム'で(すぐ)対策を講じなければ手遅れに食い止めることが出来ても、防げない日が来る可能性もある」と強調したと、同副委員長が伝えた。ムン・ジェイン政府は発足後、'働き口政府'を自任してきた。 政府が今年策定した働き口創出関連予算は19兆2000億ウォンで、昨年比12.5%も増えた規模だ。

それでも、昨年、青年失業率と、若者の体感失業率はそれぞれ9.9%、22.7%に跳ね上がった。 この統計を作成して以来、最も悪い数値だ。 国政1号課題である雇用政策を置いてムン大統領は「雇用は民間が作るものであるため、市場に任せるべきだという固定観念を捨てるべき」と述べ、金ドンヨン副首相兼企画財政部長官は「公共雇用より民間雇用を支援する」と発言し、雇用政策について大統領府と企財部が'足並みの乱れ'はないかという指摘も出た。

雇用の上の今回の総合対策は、このような指摘を早期に縫合するという意味も含まれている。 雇用の上は総合対策で、史上最大規模の雇用事業予算が青年雇用問題の解決に集中されるように対象事業を精密に評価し、優先順位を調整して早期に執行するとした。 今年の雇用予算上半期の執行率目標である63.5%の達成に向けて、予算を早期執行しながらも、進行が低迷した事業については現場点検を強化していくことにした。 重複したり、非効率を見える政策は果敢に箱・廃合していくことにした。

解決課題も多い。 成太胤(ソン・テユン延世(ヨンセ)大学経済学部教授は「歴代政権共に、雇用創出を強調してきたが、いざ働き口を作る主体である企業と経済の原理に対する理解が貧弱、多くの政策が市場とかけ離れたまま空回りした」、「市場経済原理を十分考慮しなかったり、政治的な掛け声によって決定される政策はそれ自体が危険要因であり、雇用に否定的な結果を生むことを忘れてはならない」と指摘した。


 韓国人の反応 



・無能力な政府



・公務員に百万人を選抜したらいいんじゃ無いのか?



・30~40代は青年たちのように若く無くて、お金も無い世代



・女より男を優先的に選ばなければならず



・製造業だけを見ても、韓国国内の朝鮮族がどれだけ多いのか?韓国の青年が朝鮮族から学びながら働くのは難しいよね、差別冷遇を喚き散らした朝鮮族ら



・落水効果は一体いつ?



・老人の働き口が急務だ



・大韓民国は雇用創出の優良なのでは無かったの?



・政府は何時も雇用創出を公約にするけど、失業率は何時も上がるね、特に青年失業率をどう減らすのか?



・青年失業の解決方法~~お年寄り全部切ってね~



・李明博(イ・ミョンバク)時が一番失業率良好だったね、実際、OECD国家の中で失業率が最低だった



・ムン政権のせいで首に成った人も多いよね



・ムンは北朝鮮に工場を建設しようと思って居るのだろ?



・いくら最低時給が上がっても、家賃が高いし、住宅が一銭も使わなくても20年分の年収が必要



・ムン政権は北朝鮮に働き口を作るのか?



・ムン大統領は、まだ任期4年以上残っているのは実話か?~~~弾劾しろ~~



・若者の雇用が非常に深刻です。 現政府は深刻性を知ってはいるが、ポイントを間違えました。雇用は民間で雇用を増やすことができるように支援しなければなりません。 それも良質の雇用を作らなければなりません。 そうしてこそ、日本のように長期不況から出られるのです。ただ国がお金で公務員だけを増やせば、財政破綻します



引用元記事:https://goo.gl/n26hWd

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。