韓国の反応 


[インサイト]フランス・パリ、エッフェル塔やシャンソン、芸術家の魂がこもり、恋人たちのロマンが溢れる都市だ。

関連投稿:
【悲報】 韓国人「日本人と韓国人は同じ精神病を持つ仲間だった‥」
韓国人「日本人は恐ろしい精神性を持っている」 他人の弱みに弱みに付け込み脅迫する日本人をご覧ください
アメリカ人「日本人の精神年齢は12歳」韓国人「日本人の特徴は精神勝利」日本のベストセラーホルホル嫌韓本をご覧ください

パリ症候群

しかし、パリ旅行に一度でも行ってきた人たちの考えは違う。

「路上に汚物がいっぱい落ちていてとても汚い」、「人種差別がひどい」、「人々はとても不親切で険悪だ」

口をそろえて失望感を見せ付けている。 もちろん、パリのすべての所がそうではないが、私たちの頭の中に位置した良いイメージだけを考えるなら誤算だ。




2

実際にパリの距離はマスメディアに映し出されたパリと全く違う。 有名な観光地やランドマークを除けば、むしろ衛生状態が韓国より良くない。

パリに到着するやいなや鼻を突く悪臭のために自然に眉をしかめ、ショックを被るのが常だ。

このような衝撃は、日本人にさらに強く迫ってくる。

日本人は、フランスを狂的に愛することを超えてその文化を尊敬している。

パリに対する良いイメージだけを考えて旅行にくると、その衝撃は想像を超越することだ。 さらに、精神病にかかってる日本人も少なくない。

実際にパリを旅行し、衝撃から抜け出ることができず、精神疾患を患っている日本人たちが毎年平均12人に達する。

英国BBCは「実際、毎年日本観光客のうち、10人程度が精神病にかかって日本大使館を通じて本国に送還される」と明らかにした。

一体どれだけ文化的衝撃が大きくて精神病までかかるだろうか。

その理由は日本文化を考えれば容易に理解することができる。 清潔さと整然さ,相手に対する礼儀を重視する日本人らに実際にパリの姿は最悪となる。

また、日本人特有の内向的で内向きな性格が、不親切で険しいにふるまうフランス人の態度に衝撃を受けるのだ。

医学界ではこのような現象を置いて'パリ症候群(Paris syndrome)'と呼ぶ。 フランスで勤務していた日本人の精神科医太田博昭教授が初めて明らかにしたことがある。


 韓国人の反応 



・日本人は精神病



・こんな精神病者たちが韓国領土の独島をしりきに返せと言って居るのだけど



・それでも日本旅行に行っている我が民族



・日本人は道にゴミを捨てたりしないね



・日本に行くと路上にゴミが落ちて居なくて、違法駐車も見れない



・日本旅してみると、人が本当に優しいです。文化自体が人を優先に考える文化



・日本は駐車場が多いので不法駐車が余り見られない



・日本人が精錬で、相手に対する礼儀を重視する人間なのに、独島を我が領土と言い張り、生体実験に慰安婦まで韓国にしてくれたね



・道に落ちている糞よりも、子供達を相手に欲情して、慰安婦として虐待した日本人の先祖の方がもっと気持ち悪い



・この記事は、日本の文化を称賛する目的で書いたのかな?



・この程度で精神病に成る人は、元々精神病なのだろう。精神病だから余計な幻想や妄想をして衝撃を受ける



・これは日本の右翼のニュースに似て居る。韓国人も日本に行くと右翼だらけかと思って日本に行くが、実際はそうでも無くて驚く



・日本の右翼は精神病に罹った奴らだ。実際日本に行った人の話を聞くと、日本市民の親切心は負担に成る程で、道を聞いただけでもその駅まで一緒に連れて行ってくれたりするそうだ



・道が汚い程度で精神病に成るなんて、元々精神病なんだろ



・日本人は慰安婦被害者が経験した蛮行の話を聞いても精神病には成らないの?



・日本人には裏表がある



引用元記事:https://goo.gl/hpvdNU

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。