海外の反応 


第2次世界大戦当時、沈没した米国海軍航空母艦レキシントンの残骸が70年余りぶりに発見された。

AFP通信によると、マイクロソフト(MS)共同創業者、ポール・アレンが率いる探査隊はこの4日(現地時間)、オーストラリア東海岸から約800キロ以上離れた珊瑚海の水深3キロの海底で「レキシントン」艦を発見したと明らかにした。

関連投稿:
【動画】海外「70年も前に日本は空母を所有していた‥」帝国海軍空母赤城の3D映像をご覧ください 海外の反応
韓国人「これ空母だろ‥戦犯旗まで付けている‥」日本の大型護衛艦“出雲”が出港!米原子力空母カールビンソンを護衛へ 韓国反応
海外「日本は偉大な仲間だ!」日本が中国の南シナ海の脅威に対しフリゲート艦の建造のペースを上げる 海外の反応

1

米軍は第2次大戦が真っ最中だった1942年5月「珊瑚海海戦」で日本軍の魚雷攻撃と続いた爆発で、レキシントンの戦闘遂行が不可能になると、乗組員たちに退艦命令を下してレクシントンハムを海中に沈めた。

これによってレキシントンは第2次大戦期間中、米海軍空母の初の損失事例として記録された。沈没当時、レキシントンは、35機の戦闘機など軍用機が掲載されており、今回の探査では11機が発見された。




2
2
3
3
4
4
5
レキシントン


 動画!







 海外の反応 



・この飛行機の外殻はアルミ製だけど、内部の部品は殆どが無く成って居る



・とても貴重な発見ですね、翼が開いて居た艦載機は空母が沈む時に海に浮いてしまったりしましたが、翼が折りたたまれていた艦載機はそのまま保存状態も良い様です



・飛行機の保存状態が良いですね、それらが回収されて復元出来るのか興味深いです



・こんな空母は発見できても、マレーシア航空で行方不明になった飛行機は見つけられないんだね



・レキシントンの探索エリアは、戦闘の記録が詳しく残って居たのでそれほど難しくは無かった様ですが、マレーシア航空の飛行機は手かかりが無いので難しい様ですね



・海はとても大きく、海底は未知であるため、既知の探索エリアであっても、海流や海底地形によって瓦礫が積もり、見つかるかどうかにとても大きな影響を及ぼします



・3000mの深さでは回収するのにとても費用がかかります。回収は保々不可能なので、「最終的な休息場所」と成りそうです



・とても素敵な映像ですね



・これを引き上げて、修復して博物館に展示して欲しい



・これは余りにも素晴らしい発見



・彼らが戦い、膨大な犠牲を払ってくれたお陰で、我々は今生きる楽しみを得ている



・それにして、日本人の遺体を見つけた動画は何百万ビューも良くのに、この空母発見の動画は閲覧者数が本当に少ない



・今の子供はこんな物に興味が無いので



・この空母はオーストラリアの歴史の一部です。この空母を発見してくれてありがとうございます



↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。