韓国の反応 


[インサイト]日本政府が慰安婦問題に対する真実を教育するという国連の勧告を拒否した。

これに対する国民の怒りが起きている中、故パク・ヨンシムのおばあさんの話が再照明される。

関連投稿:
慰安婦被害者が衝撃証言!「13歳で慰安婦にされ、子宮が小さいとナイフで引き裂かれた」 韓国の反応
慰安婦被害者「日本人は妊娠すると腹を切り裂いて胎児を取り出した。軍需工場では拷問と虐殺も行われた」 韓国の反応
慰安婦被害者「12歳で慰安婦にされ、16歳の時に腹を裂かれ胎児を取り出された‥」日本軍が慰安婦に犯した残酷な蛮行6つをご覧ください 韓国の反応

1

パク・ヨンシムおばあさんはよく知られている「日本軍慰安婦写真」の中一番右にある臨月の少女だ。

1921年の冬、平安南道南浦市で生まれたパク・ヨンシムおばあさんは17歳の時に中国南京にある慰安所に連れていかれた。




2

彼女は「お婆さんの家に行き、日本の人が工場でお金を稼げるようにしてくれる、と言っていた所が日本軍慰安所だった」と証言した。

しかし、日本軍は「パクさんが彼らの要求を受け入れない」という理由で体をナイフで切った。

パクさんは「日本軍が腹を裂いて血がたくさん出た」と言いながら、深い傷を見せてくれた。 彼女の腹の真ん中にある傷は50cmぐらいに見えている。

パクさんは「日本蛮行を思い出すだけでくやしくて身震いがする」、「自分達にも姉妹や妻子も居て、子供もいるはずなのに、どうしてこんな事をするのか?」と憤慨した。

パクさんは6年という時間の間、日本軍の「軍需品」として扱われた。

3

毎日、数多くの爆弾や砲弾が飛んできて、爆発するなどいつ死ぬか分からない最前線で1日30~40人余りの日本軍人の相手をしなければならなかった。

以降、日帝が降伏した後、パクさんは、慰安所を脱出する連合軍の捕虜にされた。

1944年9月の連合軍は松山慰安所で生き残った慰安婦たちを写真で残して、その時撮影された写真に当時22歳だったパクさんの姿が映って居る。

1946年に故郷に帰ってきた朴さんは「従軍慰安婦」生活の後遺症で、子宮を壊し、神経衰弱などで大変な余生を暮らすし、2006年8月7日、享年85歳にして生涯を終えた。

日本軍慰安婦被害者たちが、日本軍の残酷さを鮮やかに記憶しているにもかかわらず、日本政府は強制動員をしたという証拠がないと強弁している。

4


 韓国人の反応 



・パク・ヨンシムさんの、明確な証拠があるのに、日本は強制はないと言い張って



・従軍慰安婦が自発的について言ったと言うが、お金稼ぐことができるという嘘に騙されて行ったんだ



・歴史を忘れた民族に絶対未来がない



・お婆さんたちがとても可哀想て狂いそうだ。お婆さんたちが唯一の証拠なのに、日本はお婆さんが全員死ぬのを待って居る



・当事者がいるにもかかわらず、日本は言い逃ればかりして、全世界が日本を見ているのだから、日本の戦争犯罪を隠す事は出来ない



・一日も早く謝罪しろ、半人半獣の日本人たちよ



・本当に、日本人は畜生にも劣るやつら~~獣と人の差は、過ちを反省して認めなければならないのに~~



・本当にお婆さんが受けた苦痛に涙がこぼれます。日本人は本当に狂って居ますね



・日本人は一部の人間は謝罪をしているのに、政府として謝罪をするのがそんなに難しいのか?



・こんなに幼い年で子宮まで摘出されるなんて、苦労の連続でしたね



・どれだけ悲惨で苦痛だったのか、見当もつかない(涙)



・本当に日本の奴らは悪い奴らだ



・絶対に絶対に真の謝罪無しでは、日本を容赦してはいけません。 韓国の乙女達の血のにじむような恨みを必ず解かねければ成りません



・本当に日本が滅亡したらいいな



・日本は厚かましい奴ら



・日本は天罰を受ける



・こんな事をするから日本が気持ち悪く、日本が本当に嫌だ



・ぶるぶる腹が立つ



引用元記事:https://goo.gl/4nd5ea

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。