海外の反応 


今回紹介するのは、日本の軽自動車AZ-1についてです。この小さなクーペは1992年から1995年まで生産されました。日本では戦後復興の時、税金が安く経済的なコンパクトカーを消費者の為に生産しました。これはオートバイからの乗り換えに成功し、多くの軽自動車が日本で普及しました。

関連投稿:
日本で昔売られていた「軽自動車オープンカー」が凄すぎるだろ・・とロシアのサイトで話題に 
ダイハツ・コペン(軽自動車)に2m超えの大男が乗れるのか白人が実験する【画像】

1

AZ-1は、マツダがスズキとともに開発したものです。プロジェクトを実施するために、新しいサブブランド「Autozam」が作成されました。車は非常に珍しく、オートザムAZ-1はすばらしいガルウイングドアを持っていました。そして、後部のデザインはイタリアのスポーツカーをスタイリッシュに連想させるものでした。

しかしAZ-1が生産された時、日本経済は経済危機により購買力が著しく低下し、当時の車両価格が130万円程度と、ライバルであるスズキカプチーノや、ホンダビートよりも価格が高く、販売数は低迷しました。しかし、少量しか売れなかった車両でありながらも、現在でも根強いファンを持って居いる数少ない車でもあります。


2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8


 海外の反応 



・この車が手に入らないなら、フォードRS200を買えよ

9


・この車が欲しい!



・この車はフェラーリと、マティス(韓国の車)が合わさった様な車だね



・ジャッキーチェンもこんな車を運転していなかった?



・ジャッキーチェンは何時も三菱の車を運転していたが



・AZ-1もカプチーノの様な大胆なデザインですね



・これは日本の名車だね



・この車はツーシーターだよ



・この車を何かのゲームで見た事がある様な気がする



・グランツーリスモに出ている

10


・日本のアニメに出て来そう



・私は以前ホンダZを持って居た。排気量は660ccターボだった



・AZ-1の情報ありがとうございます。この車は何処で売って居るでしょうか?

引用元記事:https://goo.gl/CiBGFb


↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。