韓国の反応 


[インサイト]日本軍「慰安婦」被害者であるアン・ジョムスンおばあさんが30日に死去して、後29人の生存者だけが残った。

この世を去ったアン・ジョムスンおばあさんは1928年、日本の植民地弾圧の中で生まれた。

関連投稿:
インドネシア人慰安婦「日本人は私を12歳の時に慰安婦にし、動物扱いした」「日本は謝罪すべき」  韓国の反応
韓国人「日帝は11~12歳の幼い少女を強制連行して慰安婦にした」日本外務省が「慰安婦少女像呼称」を、“慰安婦像”で統一 韓国ニュース
慰安婦被害者「12歳で慰安婦にされ、16歳の時に腹を裂かれ胎児を取り出された‥」日本軍が慰安婦に犯した残酷な蛮行6つをご覧ください 韓国の反応

1

ソウル麻浦区に住みながら母親を助けていたおばあさんは、1942年に「女性だけ精米所の前に集まれ」の放送を聞いて出かけ、事件に遭った。

アンおばあさんは14歳の幼い年に日本人に連行され、口にしにくい苦痛を経験しなければならなかった。

地獄のような3年を、死ぬほどの力で堪えたアンおばあさんは、解放後にも焼け野原に捨てられた。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

1年をさまよう劇的に故郷に帰ってきたアンおばあさんは、体と心の傷が大きすぎたため、結婚は夢も見ずに残った余生を一人で送った。

アンおばあさんは死亡する約3週間前、自分を苦痛に追い込んだ日本に言いたいことがあると口を開いた。

アンおばあさんは「謝罪の一言で、全部終わることなのに、謝罪どころか、少女像を撤去しろと大騒ぎか」と言いながら激怒した。

そして「"巨万の富を私たちにくれても私の青春が帰って来るか?」とこれまでの歳月を悲しんだ。

アンおばあさんは「自分が何度も韓国の大統領に謝罪したとされるが、韓国の大統領に何度も謝罪して何になる?慰安婦被害者と直接会って謝罪をするのが通りだ」と声を高めた。

「謝罪の一言が聞きたい」と涙声で話していたないおばあさんは結局、謝罪を受けられず、30日、享年91歳の年に目を閉じた。


 韓国人の反応 




・おばあさんすみません、日本の豚足の奴らは、謝罪が大変だと謝罪を一度もお婆さんにしていません



・日本の奴らは慰安婦被害者の証人が全員死ぬのを望みながら耐えている。その間おばあさん達はずっと苦しみ続ける



・豚足達よ、お前らも他国に自国の女性が愚弄された記憶があれば、手足が震えて怒りがこみ上げて来るんだよ



・本当に気の毒な人生で涙が出て来る



・日本人の行動を見ていると、人権も金で解決できると考えている、日本人が慰安婦おばあさんに渡したお金の名前は「慰労金」だよ?強制した加害者が被害者に慰労金?



・10代、20代の青春を潰されるなんて



・今、韓国がこんなに豊に成っても、韓国内の売春婦や、日本遠征売春婦の数がとてつも無い。貧しかった当時はもっと自発的に慰安婦に成った人は多かった様だ。強制的だったのは少数と考えられる



・おばあさん、次の生では幸せに暮して下さい



・謹んで故人の冥福を祈ります



・畜生、トンソクの奴ら



・本当にお婆さんの人生が悲しくて涙がでる



・パククネは死刑にしても良い女



引用元記事:https://goo.gl/8qQKX5

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。