海外の反応 


フィギュアの皇帝プルシェンコさんが、アイスダンス金メダリストとであり、銀メダリストであるテッサ・ヴァーチュとの写真を公開しました。大阪公演で訪れた大阪では桜の花見も楽しんだ様ですが、写真を見る限りでは、散策程度を楽しんだ様です。

最後に彼の息子であるアレクサンダー君の事についても言及し、(メディアが批判している様な)厳しい教育をしていないにも関わらず、アレクサンダー君は、最も複雑なジャンプのルッツを練習し、お父さんに見せてくれました。

プルシェンコが花見


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

 動画!




関連投稿:
ロシア人「海外のフィギュアスケート選手が日本旅行を満喫!満開の桜の花や京都旅行を楽しむ」 海外の反応
ロシア人「メドベージェワ選手が日本で花見!桜の花と一緒に写って居る彼女が美しい!」と外国人も大絶賛 海外の反応


 海外の反応 



・このプルシェンコは、息子をベルトで叩いたという噂を聞いたが



・どうして息子がベルトで叩かれたって信じるの?



・インタビューで、関係者がアレクサンダーが叩かれて、暗い部屋に入れられたと答えていた



・アレクサンダーは、ベルトをぶつけられて、暗い部屋に入れられたそうだが



・ベルトで叩かれて、暗い部屋に入れたのは本当の様です



・ベルトで叩くのは余り良く無いが・・



・ソビエト時代は、子供がベルトで叩かれたり、大声で怒鳴られたりしていた。勿論全てでは無いが、多くの親にそんな人がいた。今それを振り返ると、それが悪かったのか良かったのかははっきり言えないが



・子供は殴ったり、怒鳴ったりしては行けません。子供は愛情と、精神的な尊敬を持って育てるべきであり、恐怖と圧迫で育てるべきではありません



・プルシェンコは子供を虐待する為に、体罰をしているのではなく、愛情を持って息子を教育しているのだと思います。ですが、体罰は反省するべきですし、ベルトを使うべきでは無かったとは思います

引用元記事:https://goo.gl/z1RZ6b

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。