海外の反応 


現在、LAエンゼルスは大谷翔平選手がいつまで投打兼業を続けられるか注意深く見守っている。

大谷は投打兼業に向けた疑いを全て打ち消した。彼は、投手としても打者としても完璧に近い活躍に早くから厚いファン層が生じた。大谷は投手として2試合に先発登板し、2勝13イニング平均自責点2.08を記録し、打者に8試合で打率0.346 3本塁打11打点の猛打を振るった。

1

マイク・ソーシアエンジェルス監督は「大谷が持ちこたえる時までは投打兼業をさせようと思う。 大谷は投打兼業をするため、本当に多くの努力をしている」と説明した。

             ご支援よろしくお願いします。
             



2

ソーシア監督は、大谷の体がどれくらい持ち堪えることができるかどうか確信が出るまでは出場の日程を慎重に組む予定だ。 ソーシア監督は、日々トレーニングを訪れ、大谷の体の調子を確認している。

ソーシア監督は「投打兼業はデータがほとんどない領域である。日本で大谷が十分に経験してきたと言うが、我々としてはよく知らない領域だ。大谷がシーズン最後まで投打兼業をしたら嬉しいですが、注意深く体の状態を見守りながら判断する予定」と明らかにした。

現在としては、大谷が1週間に3~4日程度は打者として出すことにするつもりだ。大谷は16日開かれるカンザスシティ・ロイヤルズとの遠征4連戦の最後の試合に先発登板する予定だ。 ソーシア監督は大谷の3度目の登板の結果を見守った後、大谷のスケジュールを調整するかどうか決定する予定だ。




 海外の反応 



・彼の偉大な挑戦を応援したい



・彼は打者としても、チーム最高レベル



・まだ23歳なら十分に挑戦する価値があると思います



・監督も大谷の体力の限界を心配している様ですね



・大谷は、20本塁打15勝を記録して、メジャーの歴史を書き換えるでしょう



・まあ、シーズン最後まで見守らなければならないが、現在でも十分彼は行けそうに見えます



・体力が問題なのだろう



・30代の大谷は分からないが、今の若い大谷なら投打兼業が出来る



・最後まで見せてやれ、アジアの闘志を!



・大谷は本当に凄い選手だ。ベーブ・ルースが活躍していた野球の初期時代でも無く、徹底的に分業化とシステム化された現代野球で、誰も試みて居なかった新たな道を進んでいるというのが本当に驚くべきことだ



・私は大谷をもっと見たい。彼は若いので投打兼業を応援する



・大谷の様に楽しみな選手を見るのは初めてだ



・大谷は本当のプロらしい選手



・大リーグは長期日程だから、耐えられるのか?



・大谷の体はとても大切なので、慎重に使って下さい



・ベーブ・ルースは投打兼業で53歳で死んだ。運動選手は普段から体の管理をしないと短命だ


引用元記事:https://goo.gl/vTKG1Q

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。