海外の反応 


大谷翔平選手が、攻撃と走塁でもう一度自分の真価を誇示した。

大谷は14日、カンザスシティとの遠征試合に先発7番指名打者に出場して、シーズン三番目のマルチヒットの試合を完成させた。 2回の2塁打、8回センター前安打を記録するなど4打数2安打1得点を記録した。 打率は従来の3割4分6厘で3割6分7厘で、OPS(出塁率+長打率)は1.183で1.191に上昇した。

1

前日大谷に右中間を割る走者一掃三塁打を打たれたカンザスシティーは同日、大谷を相手に新しい戦法を持って出た。 一応守備を右側に置き、右側と中央方面の打球に備えた戦法だった。 ここに先発ジェイソンは、外角で勝負を繰り広げた。右側のゴロを誘導できる計算に見えた。

実際のデータに基づいた選択だった。 大谷は同日の試合前まで引っ張った打球が40%、中央方面打球が45%だった。 左側の打球は15%しかならなかった。 しかし、大谷はこれをあざ笑うのように初打席で左翼手とラインの間に落ちる安打を放った。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

事実の守備手が正常位置ならいくら早い大谷としても2塁で接戦が繰り広げられことができた。 しかし、打球の滞空時間が長く、右側に置かれた守備がこれに追いつくまでに時間を稼いだ。 大谷は無難に走って2塁に入った。 カンザスシティのシフトを嘲笑する瞬間だった。

6回ゴロの際には非常に早いスピードを誇った。 左腕の投手を相手に2塁ゴロで退いたが、「スタットキャスト」システムによると、大谷の瞬間最高速度は毎秒29.6フィートに達した。 普通MLBでは秒間30フィートれれば、エリート級の足と認めている。 大谷は高い身長にもかかわらず、莫大なスピードを出したのだ。

大谷はこの打席で打撃後一塁まで4.07秒に到達した。「スタットキャスト」によると、これは今シーズン、チーム内でバントを除いた正常打撃後一塁到達速度では最も早かった。 大谷の足が再び注目される瞬間でもあった。


 海外の反応 



・大谷に守備もさせてみろ、とんでもない記録が出る



・足も速いのなら、彼は完璧なのでは無いか?



・何だこれは?大谷にとっては本当に遊びだね



・アジアの自尊心



・今日インターネット中継見ながら驚いた。話に成るのか?



・大谷は本当に凄い、彼は伝説的な怪物だ



・彼の実力はもう認めるしかないでしょう



・打撃・走塁投手ボールを見る目、強いインパクトが凄い



・100メートルを10秒前半で走る投手が存在する?



・大谷が高校生レベル?MLBが高校生レベルでしたね



・打撃後、一塁到達速度が全盛期のイチローと同級という、でも彼は投手だよ?



・最多勝王or奪三振王、ホームラン王or打点王、とんでもないです



・大谷にキャッチャーもさせれば、全ての種類の賞を取れる



・大谷は背が高く、手足が長くて打席にぴったり付いてない、だから内角を攻められてもデッドボールに成る確率が低い



・監督は毎日打者として使いたいだろうな



・大谷とは何者ですか?



・シーズンは長いのに、彼はこれからどうなる?



・彼の活躍は、何もかもが新記録級ですね


引用元記事:https://goo.gl/enzEZ8

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。