海外の反応 


こうした巨大ロボットを作るのは、日本の基準では決して新しい事ではありませんが、日本の榊原機械株式会社の技術者が、アニメから有名なモデルのプロトタイプを何年も前から製作しています

巨大ロボ

しかし、これまで製作したすべてのロボットの中で最大で、体長8.6メートルのロボットは、外国のメディアの注目を集めました。

コックピットに登るにはクライミングロープを使用する必要があります。ロボットは銃からボールを撃つことができ、小さな歩みで歩くこともできます。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2
2
3
3

 動画!





 海外の反応 



・巨大ロボットが現実的に難しいのは、技術的な問題ではなく物理的な限界だ。蟻は自分より何倍重い物でも挙げられるが、人は自分の体重の半分にも満たない物を持ち上げるのが難しくなって、象は力が強いが、体重比力はさらに弱くなる。

人間の現在の姿は地球の重力に適応した結果だ。あのロボットを見ても足は奇形的に大きい、あの程度に大きくなれば立っているのも難しい



・あんなのはおもちゃであって、産業用に使うというのは本当に日本らしい発想だ



・倒れば、操縦士は少なくとも全治25週の重傷



・巨大ロボットは、直立歩行の時の重心が問題だ



・重さを克服する、反重力とか核融合技術などが商用化されれば、可能性も考えられるのではないですか?



・例えロボットが歩けても、足の裏の面積が小さいと地面に足がめり込んでしまう



・巨大ロボットは40年前の発想、現在はヒューマノイドの時代



・このロボットは広報用だろ?



・こんな大きなロボットが動くのは感動的ですね



・それで、巨大ロボットがアニメの様に歩ける様に成るのは何時ですか?



・リアルロボットが出来れば、ハリウッドを打ち破れる?



・余り進化して居ない様だけど、次は何が出る?


引用元記事:https://goo.gl/aB21b8

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。