海外の反応 


埼玉県高校で事務職員の勤務し、マラソン同好会で活動、寒くて悪天候の中2時間15分58秒。日本人として31年ぶりの優勝を果たした。

1

寒い天候の中、強風が吹き、雨まで降っているため、全般的に記録が低調だった。彼は日本の埼玉県の高校で事務職員として勤務しているという。

高校時代陸上を始めたが、成績が思わしくなく、負傷まで重なり、大学進学以降にはサークル活動でマラソンをした。

             ご支援よろしくお願いします。
             



2

大学卒業を控えて陸上実業チームへの入団ではなく「公務員就職」を選んだ川内は、埼玉県庁で同好会活動でマラソンと縁を続けた。

2011年2月に東京マラソンで2時間8分37秒を記録し、10分の壁を破り、以後国際大会で引き続き良好な成績を収めた。

日本人のボストンマラソン優勝は1987年、瀬古利彦以降31年ぶりだ。試合を終えた川内は「私の人生最高の日だ。 ボストンマラソンは世界最高の大会ではないか」と、涙を流した。

 動画!





 海外の反応 



一般人がマラソン完走も大変なのに、1位と? 日本陸上の根幹がしっかりしているのですね



・すごい。本当におめでとう



・日本人は本当にすごいね



・大会で同好会会員が金メダルなんて、楽しむあなたが真の勝利者です



・すごい アマチュアが世界的大会で優勝するなんて



・2位と2分以上の差での優勝だった!



・忍耐力が素晴らしい、見事な走りでした



・彼は武士道精神を具現化する本当の戦士でした。彼はケニアやエチオピアの選手よりタフだった!



・彼はボストンマラソンの沿道のファンが、最高だったと言って居ました



・ユキさんのボストンマラソンでの勝利を祝福します!



・ユキの走りは本当に信じられない程素晴らしかった



・私は彼が優勝するとは思わなかった。本当にマラソンは忍耐との闘いで最後まで分かりません。彼は実力で、私の予想が違っていると証明しました



・お祝いします!本当に凄い!



・日本は本当にマラソンが強い国だ



・この選手の体力の忍耐強さが素晴らしい、彼は伝説です


↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。