海外の反応 


LAエンゼルスは20日、レッドソックスに2-8で負けた。 エンジェルス(13勝6敗)は、ボストンとシリーズ3試合でいずれも大敗した。

大谷

6番指名打者で出た大谷は、4打数無安打、3三振で振るわなかった。大谷の打率は3割6分7厘で3割2分4厘(34打数11安打)へ下落した。 大谷が先発指名打者で出て、無安打と成ったのは、8試合ぶりに初めてだ。

試合後、公式記者会見が開かれた。 米国人記者は、大谷が先発登板後二日ぶりの指名打者の出場で打撃訓練を十分にしたのか尋ねた。大谷は「投球に集中し、その期間に打撃練習はしなかった。 投球が終わった二日後に打撃練習をした。日本でもそうした。 リズムの維持が容易ではない。 投球後に全てが大変だ。打者について勉強して研究するために毎日大変だが、それでも日本とほぼ同じルーチンを維持している」と明らかにした。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

大谷はチェンジアップに弱い姿を見せ、三振と成った。 大谷は「一般的にチェンジアップは打てないボールではない。 しかし、今日のボールはやや球質が違った。 初めて見たボールだった。 相手のチェンジアップのいいボールだった」と分析した。

メジャーリーグ1位のボストン・レッドソックスは、大谷を投打でうまく攻略した。大谷は「初試合で先発で投げてコンディションは悪くなかった。 ボストンは本当に良いチームだ。 私も毎日良くなる様に努力する」と誓った。


 海外の反応 



・たった1試合打てなかっただけで迫ってくる記者を見ろ



・大谷は本当に毎日試験を受けている様だね



・もう少し見守ろう



・大谷はとても人格が誠実なので、MLBの野球に適応して活躍できる様になると思う



・私は大谷を個人的に尊敬している。自己管理、挑戦精神、ファンサービス、野球に対する姿勢も素晴らしく、人柄も良くてスター性のある選手だ



・そろそろ大谷の真価が問われるか?彼はバッターとピッチャーのどちらを選択するのだろう?



・マスコミが本当に問題だ。数ゲーム活躍した程度で神格化して、数ゲームで活躍出来ないと直ぐに叩き始める



・強豪と対戦するのが真の試験台だ



・先発投手にして、回復しなければならない時間に打撃練習をして、相手打者の研究する時間に相手投手まで研究しなければならず、あの厳しいメジャーの日程で投打兼業をシーズン最後まで維持すれば、選手生活5年持たない



・大谷は日本でプレーをしていた時も、左腕投手に弱かったのでは無いのか?



・メジャーリーグは162ゲームであり、今、30ゲームも行われないが、大谷を評価するのは早すぎる。まだ全球団との対戦すら終わっていない。それに夏以降に成らないと、彼の体力面も分からない



・メジャーは今大谷を分析している



・メジャーが分析を終えると怖いね



・1日出来ないだけで、大谷を捨てるマスコミ



・大谷は今までも十分に良くやって居る



・大谷の凄いところは、何時も一試合一試合で学ぼうとする姿勢だ。 これがプロて大成する器だ。大谷の発展を本当に応援する!



・頑張って大谷



・大谷は今始まったばかり


引用元記事:http://urx2.nu/JFBR

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。