海外の反応 


ワールドシリーズを三回制覇したブルース・ボウチー(63)監督が大谷昌平(23)を再評価した。

昨年12月、メジャーリーグ球団の間で、大谷争奪戦が行われた。 メジャーリーグ(MLB)球団の大半が相対的に安価である大谷の獲得に乗り出した。 大谷は迎え入れたい希望の意思を伝えた球団中、最終的に7つの球団を選んだ。 以降、LAエンジェルズを選んだ。

1

サンフランシスコ・ジャイアンツ(SF)の場合、当時大谷の最終候補7チームに残った。 しかし、最後の瞬間、エンジェルスに負け、大谷獲得に失敗した。 大谷獲得を推進したボウチー監督は彼の迎え入れに失敗したにも挨拶をし、大物の気質的風貌を見せてくれた。

この23日、米マスコミによると、ボウチー監督は「大谷は特別な価値を持っている選手だ。その為に昨年の獲得を試みたのだ。 大谷がエンジェルスに決定した後、他のチームは時間の無駄だったという話も出たと聞いて居る。 無論そんな気もあるが、それでも多くのチームがスカウトを試みるほど優れた選手だ」と賞賛した。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

事実ボウチーは、昨年9月大谷の投打兼業について否定的な評価を下した人物の一人だ。 特に、打者として苦戦するものと見た。 しかし、考えが変わった。 メディアはボウチーが否定的な評価を下した後、オータニの打撃を見た後、「もう一度話してもいいかね?投打兼業できるものだと思う」と自らの発言を訂正したと伝えた。

また、ボウチーは、大谷に打撃について「バットスピードはもともと優れた選手だ。 しかし、足上げを辞めなさいというコーチの助言を受け入れるなど、いくつかの部分を調整しながら成果が出ている。 彼は特別な選手になれるし、我々はその過程を目撃しているようだ」と絶賛した。


 海外の反応 



・これだけ短期間で大谷が見せた活躍を見るだけでも、彼はショッキングな選手



・大谷を見ていると、過去の常識が皆覆されます



・ボウチー監督は、本当にリーダーに適格な人なんだね



・ヤンキースは恥ずかしく無いの?自分が候補から外れると大谷の悪口を言って



・投打兼業は、大谷の肉体的な問題だけではなく、大谷が中6日で投げると成ると、他の選手が大谷の為に先発日程を消化しなくては成らず、チームの調和の問題も起こる



・活躍すればだが、大谷のコスパが凄い、彼の給料からもチームは損をする物が何もない



・それでも大谷はまだ一月もプレーをしていない、もう少し見守るべき



・球団はイメージよりも実利を要求する



・シーズンが進むほど限界が来るだろうから、その時は大変そうだ



・大谷実力は証明されている。体力さえ保証されれば、彼は大リーグで生き残り、活躍して行くでしょう



・大谷の投球フォームが見破られているという話もある



・球団にとっては、大谷はほとんど無料で働いて居るのと同じ



・レッドソックス戦では手足も出て居なかったのに、過大評価され過ぎでは無いだろうか?



・大谷はオールスターに出場できるだろうか?



・ボウチー監督は名将中の名将だ。彼が発言を訂正する程なら、大谷の実力は本物だ。小物の選手であるのなら、彼は名前すら出さない



・出来ない者には理由がある。最初から諦めて居るのだ


引用元記事:https://goo.gl/TQG9Su

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。