韓国の反応 


売上5兆6753億ウォン、営業損失983億ウォン
LCDパネル価格の下落が主要原因作用
2012年1四半期以降初の赤字転換
LGディスプレー1四半期の業績

[イーデイリー]昨年、史上最大の業績を記録したLGディスプレーが、今年初めて四半期1000億ウォン近い営業損失を記録した。LGディスプレーが主力している大型LCD(液晶表示装置)パネルパンカの下落と中国の10.5世代の量産など悪材料が重なり、実績が急落したという分析だ。

1

新成長動力としているOLED(有機発光ダイオード)パネルも年末ごろや黒字転換が行われるものと予想され、依然として赤字を脱していない。

LGディスプレーは2018年1四半期(連結基準)の売上5兆6753億ウォン、営業損失983億ウォンを記録したと25日公示した。 売上は前年同期比19.6%、前四半期比20.4%減少し、営業利益は赤字転換された。


             ご支援よろしくお願いします。
             



2

実績不振の原因は、季節的な要因の影響による出荷量の減少と中国パネルメーカーの供給増加の予想によるセットメーカーの保守的な購買戦略にLCDパネルの価格が予想よりさらに急激な下落傾向を見せたためだという説明だ。また、ウォン高傾向も業績悪化に影響を及ぼした 一方、OLED TVの売上は持続的に増加して、研究開発(R&D)と需要増大を通じて、収益性も改善されており、OLEDへの事業構造変換が漸進的に行われているとLGディスプレーは付け加えた。

キムサンドンCFO(最高財務責任者)副社長は「業況が予想より急激に変化したが、LGディスプレーが認知して準備してきた範囲内にあるため、投資調整、コスト削減の強化など準備したシナリオを土台に強力な非常経営活動を実行する」、「2四半期からはスポーツイベントと大型OLED需要の増大など機会要因が存在してLCDパンカも安定するだろうと期待される」と話した。

彼はさらに、「LGディスプレーはOLEDへの事業転換という戦略的基調の下にクリスタルサウンドOLED(CSO)、ウォール・ペーパー(Wallpaper)など、差別化商品に集中して柔軟な経営活動を通じて、収益性の確保に最善を尽くす」と付け加えた。


 韓国人の反応 



・経営戦略からマーケティングまでちょっと残念だね。OLEDへの転換は誰もが予想可能だった部分だったのに、今さらこの様な言い訳するのはちょっと・・



・スマートフォン事業部よりはましだが、LGディスプレーも、より市場予測や企画から一歩前進しなければ...



・三星よりLG、技術や先端はLG



・6年ぶりの赤字と衝撃が大きいですが早く回復されたら良いですね。 Oled TVは画質とても良いので、2四半期は黒字に転じると良いですね



・心が痛い。LGは発展を遂げてください



・ディスプレーはLGから



・私はLGだけを買います



・エルジーファイト!!!



・LGと三星は、ディスプレー画面だけ考えれば、当然LGがいい



・私もエルジーが好き、三星は、不買が答えだ



・LG頑張れ...



・エルジーを積極的に応援します



・TVはLGが三星より技術力でもずっと高いのに....OLEDは世界最高水準だが、一般人もこのような事実をちょっと知って欲しい



・良い時があれば悪い時もあるよね! エルジーファイト!!!



・中国が進出してくると、価格競争がはげしくなります。以前半導体市場に韓国メーカーが台頭しはじめると、日本が半導体を放棄した様に、技術として中国をリードしなければ、市場をそっくり奪われてしまいます



・中国が問題だ



・政府が支援をしろ、中国は自国メーカーを積極的に支援しているのに



・半導体もこの様に成るだろう、何故なら今年下半期から中国産半導体が市場に出て来る



・各家庭にLGのテレビがあるのに、それでもどうして赤字に成ったんだろう?



引用元記事:https://goo.gl/xtVdFk

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。