海外の反応 


米国政府が20年近く滞在したホンジュラス出身の移民者数万人に退出を予告した。

米日刊紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)、ワシントンポスト(WP)などによると、1999年から「臨時保護の地位」(TPS)で米国に滞在するホンジュラス出身の移民者たちについて4日この様な措置の計画を通知した。

関連投稿:
海外「ヨーロッパ崩壊へ‥」ドイツに来たアラブ系難民が、ユダヤ人をベルトで暴行! 海外の反応
韓国人「日本と韓国のイスラム教徒が一番ヤバイ‥」 アラブ以外の世界のイスラム教徒の画像をご覧下さい
ロシア人「モスクワが崩壊しそうなんだけど‥」モスクワで開かれたイスラム教徒によるラマダン明けの集会がマジでヤバイ‥ 海外の反応

1

国土安保省は20ヵ月後の2020年1月5日、彼らに対するTPSを更新せずそのまま廃止すると明らかにした。

これによってTPSで米国に滞在するホンジュラス移民者最大5万7千人が別にビザを取得しなければ、その時点以降、強制追放される危機に追い込まれた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

今回に退出対象になったホンジュラス人は1999年の中米を襲い、1万人余りの死者を出したハリケーンのために米国に移住した避難民だった。

当時、TPSに指定されたホンジュラス人は8万7千人だったが、新しい滞在権獲得や帰国などで、その数が減ったという。

国土安保省は今回の措置がホンジュラスの生活環境を考慮した結果だと明らかにした。

国土安保省は、「TPS指定の根拠として作用したホンジュラスのハリケーン被害が、これ以上は実質的に見なすことはできないほど減少した」、「1999年以降、ハリケーンによるホンジュラス状況が目立って改善され、ほぼ復旧が行われた」と説明した。

3

しかし、今回の措置を、後進国移民者に対する強い反感を露出してきたドナルド・トランプ米大統領の政策ビジョンに注目する人間も少なくない。

実際、国土安全保障省は最近6ヵ月間、TPSを一つずつ廃止する方式で移民者の統制を強化してきた。

出国準備や新しい法的地位を得るための時間を12∼18ヵ月ずつ与え、エルサルバドル人20万人、ハイチ人5万人、ネパール人9千人に対するTPSを無くした。

NYTは歴代の米政府が慣行的にTPSの期限を延長したが、トランプ行政部は、対象者を最小化したり、廃止するという立場を取っていると説明した。


 海外の反応 



・トランプはよくやっているが、WPやNYTの様な反政府メディアが歪曲報道しています



・アメリカは女性が不足している、イスラエルも女性が不足していたので、外国人男性にお金を渡してでも追放した



・元々一時的な保護で来ていた人々だろ?



・20年前はアメリカに渡って来る時、一時的な保護である事に彼らは同意をしていた筈だ



・彼らが連れて来た子供やアメリカで生まれた子供はアメリカ国籍だろうから、両親にグリーンカードを申請するのでは無いか?



・「一時的な保護」が20年後に終わるなんてクールだ



・結婚したり、アメリカ国籍の子供達からサポートもあるだろうから、どれくらいの人に直接影響があるのだろう?



・20年前にアメリカに来た時、彼らはアメリカの永住権を取ろうと努力しなかったの?



・ホンジュラスは美しい国なのに、そこに戻るのは悪くはないだろ



・最初から一時的な保護だったのだから、政府がそれを終わらせるのは正しい



・彼らがアメリカに来たのが1998年だ。どれだけ今までの政治が甘かったのか



・ TPS.で米国に居住して居る人は、アメリカ国籍を申請出来ません



・20年もアメリカに助けられて十分だろ


引用元記事:https://goo.gl/tXaB5r https://goo.gl/BBz6QS

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース