海外の反応 


BBC

ドナルド・トランプ米大統領は、金正日北朝鮮首席代表との首脳会談を中止した。彼は、彼の意思決定は、北朝鮮が最近、声明で見せてくれた「大きな怒りと公開的な敵愾心」を挙げた。

関連投稿:

1

トランプ大統領は、6月12日にシンガポールで予定されているように、サミットを開催することは「不適切」と述べた。金氏への手紙で、彼は彼が「いつか」会うことを大いに楽しみにしていると言いました。

「悲しいことに、あなたの最新の声明に示されている激しい怒りと敵意に基づいて、今回は長期計画会議を持つことが不適切だと感じました」と、トランプ大統領は語った。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

「あなたは核兵器の能力について話しますが、我々は非常に巨大で力強いので、神に祈って、決して使用する必要はありません。」

トランプ氏は、金氏が心を変えたら彼に電話しなければならないと言って、手紙を終わらせた。
「世界と特に北朝鮮は、平和と繁栄と富を持続させる絶好の機会を失っている。この機会を逃したことは、歴史の中で本当に悲しい瞬間である」と彼は語った。

3

 動画!





 海外の反応 



・これは防衛産業にとっては良いニュースだね



・俺は驚かないよ、キムは絶対に核を諦めない



・中国に嵌められた



・アメリカは最初から協議する意思はなかったのだろ?今までの様にお互いに敵対を維持して、兵器を販売しなければ成らないのだから



・これが米韓同盟の真の姿勢だ。韓国を持ち上げるだけで、後ろでは別の事をしている



・北朝鮮は、国際社会でも相手国家に下品な言葉で挑発するが、それを翻訳して読めば米国人はもっとその言葉に怒るのでは無いだろうか?



・北朝鮮は、トランプの大統領選挙のパートナーであるフェンスを真っ向から非難したことが最大のミスだった。 成功的な国際交渉経験がなく、国の尊厳と崖っぷち外交だけを並べ立て、未熟な声明を発表したのが原因だろう



・対話は流された。もう北爆しか残されていない



・北朝鮮の挑発はトランプには通じなかった



・やはりトランプが北朝鮮より一枚上だった



・北朝鮮の資源と領土を欲しがっている中国も内心喜んでいるだろう



・中国が憎い



・結局、これで分かったのは、米国という国は、韓国の統一を望まないという点だ



・全世界を相手に、ほとんど詐欺を働いた水準



・今回のことで確かに感じた。 米国と中国は朝鮮半島の平和を望んでいない。何故なら彼らの利益に合致しないからだ



・核施設を爆破して、人質を釈放したら会談の取り消しか



・核廃棄場爆破するとともに会談の取消しとは、本当に邪悪ですね



・日本は南北統一を無条件に妨害し、中国は非常に不快だと考え、米国は武器販売の機会が減ると考えていた



・トランプは本物のビジネスマンだ



・北朝鮮は約束を守るために、核施設を爆破したが、そうするや否やすぐに取ったアメリカの行動がこれだ



・もう全世界がアメリカは北朝鮮や、イランや、他の国の平和なんて望んでいないと分かった

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース