海外の反応 


コピノの実の母:「私が子供を産んだ後に彼は逃げてしまいました」

海辺から車で10分ほど離れたある貧民街の路地で、肌が白い子供に偶然会いました。取材陣が関心を見せると、近所の子どもたちはその子供がコピノと言います。

関連投稿:

1

実際にコピノ関連訴訟は、最近になって大きく増えています。

昨年6月国内裁判所で行われた親子確認訴訟で、コピノが初めて勝訴して以来、この1年間、国内裁判所に提起された「コピノ訴訟」は百余件に達することで法曹界は推算しています。

フィリピンの出生申告書に父親の名前が書かれていて、遺伝子検査などの結果が合致すれば、勝訴の可能性が高いです。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

訴訟で勝ってコピノが親権を認められる場合、韓国国籍取得と養育費請求が可能となります。

一般的に慰謝料や和解金は200万円程度であることで知られています。

しかし、フィリピンでの未婚母問題はとりわけ韓国人に限られたことはありません。フィリピンに米軍基地を運営した米国と事業上の交流が多かった日本にも多くの問題がありました。

しかし、問題に対する態度は、韓国と違っていました。

日本の場合も父親を捜し認知請求をします。そのような過程で父親が認知されれば国籍を付与するんです。 そのような過程を通じて、その子供たちに対して国籍を持てる様にし、生活に関する支援が出来る制度を作りました。

捨てられた子供「コピノ」に対する人道的な対策とともに、捨てられるコピノがもう増えないよう根本的な認識の転換が必要です。


 海外の反応 



・フィリピンには、数千、数万人のアメリカとフィリピン人の混血が居るし、10万人に及ぶジャピーノが売春旅行等によって問題に成って居ます。しかしこの記事では韓国人の事ばかりが書かれ、アメリカ人や日本人に付いては語られていません。フィリピンには2000万人の未婚の母が居ると言われています



・↑それは韓国人の場合は「愛してる」とか「お前と結婚する」と騙しているからで、他の国の男性は買春した時に、そのまま妊娠しているからなのでは無いか?



・↑韓国人は、こういう人道をビジネスにしようとしているからだよ、捨てられたコピノの父親を探すのも韓国人で、韓国人の問題を掘り出しているのも韓国人。韓国人自身がコピノを貧困ビジネスに利用し、韓国人自身の評判を下げている



・この問題は、韓国のメディアと弁護士が、韓国の国家的恥を金儲けの手段として利用しようとしている事です



・日本人男性も沢山の子供をフィリピンで作って、日本政府がそれの対応をした。韓国人男性も、買春をする時コンドームを使いたがらない事で有名だ



・ジャピーノの数は10万人では無く、20万人だ



・韓国人は基本的に買春観光産業を継続しており、白人はタイに移り、韓国人はフィリピンで同じことをやっている。少数の白人が売春婦に行き、韓国人の男性の大多数が売春婦に行く。白人よりも多くのアジア人の買春観光客がいる



・フィリピンはカトリックで、フィリピン人女性は中絶をしない傾向にある



・フィリピンでは、女性は結婚をしなくても、沢山子供を産んで子供に囲まれているのが幸福という考え方がある



・問題は、フィリピンの買春観光の半分を韓国人男性が占めている事です。私はフィリピンの学校でも、多くの韓国人ハーフの子供を見ました。これを解決する為には、韓国政府がコピノの父親に財政的支援の義務を課す事です



・外国人男性の問題もあるが、フィリピンではシングルマザーがそのまま問題視されずに社会に受け入れられているので、それがこの様なハーフの子供を増やしている要因と成って居る

引用元記事:https://goo.gl/7i4GL7

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース