韓国の反応 


大規模な難民流入の事態とイスラム嫌悪感情の拡散に支えられ、一時欧州政治圏の少数勢力だった極右・民族主義勢力が最近、権力中心部に移動しながら「一つの欧州」を脅かしている。

関連投稿:

1

英国BBC放送は最近、西ヨーロッパに最初のポピュリズム政権が発足したイタリアや最近、総選挙で反難民、右派政党が第1党に浮上したスロベニアなど、欧州各地で反難民・反EU・反イスラム教徒を掲げる民族主義・極右勢力が欧州政治の舞台の中心部に進入していると分析した。

BBCは過去の主流政治から脱していた民族主義・極右勢力は、全般的に多様な政治的性向を見せているが、難民とEU、ムスリムに対する反感という共通の関心事を持っていると指摘した。

イタリアでは反体制政党「五星運動」と極右政党「同盟」が連立政権を構成し、西欧では初めてであり、ポピュリズム政権が誕生した。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

ドイツでは反難民を旗印に掲げた極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が昨年の総選挙で初めて第3党に院内に進入し、キリスト教民主・キリスト教社会党連合と社会民主党の大連立で院内第1野党になった。

オーストリアの極右政党はドイツのAfDよりはるかに成功的に勢力を拡大している。

昨年、オーストリア総選で反難民政策を公約に掲げた極右自由党はセバスチャン・クルチュ首相、政府と連立政権を構成し、政治の舞台に進入した。

総選挙以後、オーストリアでは10歳未満の女子生徒のヒジャブの着用を禁止して移住民の携帯電話を押収するなどの提案が出された。

フランスは極右政治家マリーヌ・ルペン率いる国民戦線(Front National)が、昨年の大統領選挙でエマニュエル・マークロング大統領に大きく押されはしたが、依然として反EU・反難民・反イスラム教徒を掲げて旺盛な活動を繰り広げている。

最近、総選挙が終わったスロベニアでも、反難民キャンペーンを繰り広げてきた右派政党、スロベニア民主党(SDS)が第1党になって難民と移民者に敵対的な政権が発足する可能性が高まった。

ポーランドは2016年半EU、反難民を掲げた民族主義性向の「法と正義党」が権力を握った後、司法部独立というEUの価値を毀損する内容の司法改革を推進してEUと対立してきた。


 韓国人の反応 



・こんな右翼政党が噴出したバカな発言を信じている人は居ますか?私はこういう人々には気分が悪くなる



・この記事はイギリスをスキップしたのか?イギリスはもうEUでは無いので?



・こうした右翼政党への支援はありますが、議会で議席を獲得することはありません



・極右は暴力政党なのか? 正常な右派を極右の思想に乗せて誘導している



・この様な流れに成るのは当然だ。現在ヨーロッパに来ている難民は、生命の危機の為に母国を脱出した人々ではなく、より良い生活をヨーロッパに夢見て、母国を捨てて逃げだしてきたゴミの様な機会主義者達だ。

この様な人間は、ヨーロッパに来てもお金を要求しながら暮らす。ヨーロッパに旅行に行けば分かるが、この様な難民が路上で物乞いをしたり、商品の購入を強要したり、ありとあらゆる手段で物を盗もうとしている



・現在、欧州の政治状況は極右ではなく、ただ国民の民心を反映した正常かつ健全な右派だ。しかし、複数の左派メディアが、自分達を「進歩左派」と自称しながら、無条件に右派を「極右」と呼んでいる。逆に言えば、彼ら左派こどが極左だ



・自国民優先主義がなぜ極右なのか・・自分勝手に他人の土地にどっと押し寄せて、そこで主人顔をしている奴を、何故守るんだ?



・ついにヨーロッパも爆発しそうなんだな、生半可な人権主義者が欧州を右傾化させているんだね

引用元記事:https://goo.gl/mTwtfJ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース