海外の反応 


ドイツで発生した14歳の少女の性的暴行や殺人事件の容疑者であるイラク出身難民が家族と共にドイツを出国したと警察が明らかにした。

関連投稿:

1

ドイツの公営放送など現地メディアによると、イラク出身の20歳の男性は、ヘッセン州ヴィースバーデンで発生した14歳の少女の性的暴行や殺人事件の有力な容疑者と警察の手配を受けた。

先月22日、失踪届けが出された犠牲者の少女は最近、ヴィースバーデンの難民収容施設の近くで死亡したまま発見された。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

警察は、遺伝子鑑識を通じ、容疑者の身元を把握し、トルコ出身の35歳容疑者を今月6日緊急逮捕した。

しかし、共犯とされているイラク出身難民と彼の家族はトルコに出国してイラクに戻ったという。

彼らはヴィースバーデンの難民収容施設で居住してきた。

死亡した少女の居住地であるマインツ地域では、今回の事件に対する糾弾集会が開かれ、極右政党の「ドイツのための選択肢(AfD)」は、犠牲者追悼大会を開く計画だ。


 海外の反応 




・ほとんどのイスラム教徒は、イスラエルとパレスチナの争いを、地政学的な紛争とは見なしていません、宗教戦争と見なしています。

彼らは心からユダヤ人を憎み死を願ってばかりいる。この様な憎しみに満ちた考え方を持って居る人は、退去強制が一番いい解決策だと思います。この様な宗教的な意見対立では、社会が両立しない



・イスラエルに基づいてドイツのユダヤ人を判断するのなら、お前はドイツから強制退国された方が良い、勿論お前の国籍に寄るが



・移民の反ユダヤ主義の傾向を尋ね、それに応じて追放するって、貴方はそれをどの様に移民に質問しますか?



・ドイツの当局者は、アラブ諸国から難民を受け入れる際に、自国で教唆された反ユダヤ主義や反イスラエルプロパガンダが、ドイツやヨーロッパ諸国には存在しないと説明しなければならない。彼らがもし、憎しみを続けたいならば、彼らは出て行かなければ成らない



・もし彼らが戦闘地域からの難民であるのであれば、我々の思想と、彼らの考えが全く違うと考えなければ成らない



・ユダヤ人に対する暴力的な憎悪犯罪を行う個人や、反ユダヤ主義の感情を保持しているが、行動していない個人はどう扱うべきか。あるいは反ユダヤ主義が蔓延している文化圏の人間は?



・アラブ圏のユダヤ人に対する憎悪は、貴方が身につけている西洋的な習慣と同じくらい根深い物だと思わなければ成らない



・メルケルがこのユダヤ人少女の死の重みを認識していれば良いか



・宗教や、人種を問わず、犯罪を犯せば罰せなければ成らない



・こうしたニュースのコメント欄をスクロールするだけで、私は病気に成りました



・移民の反ユダヤ主義の傾向を調べ、それに応じて移民を追放しなければ成らない



・移民は圧倒的に反ユダヤです。統計によると、西ヨーロッパ人よりも中東人の方がその傾向が強いが、かと言って全ての中東人が反ユダヤ主義者であると仮定するのは、愚かで道徳的に間違っています

引用元記事:https://goo.gl/J3ds9s

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース