海外の反応 


米国を訪問した安倍晋三首相が、ドナルド・トランプ米大統領のツイッターに誤ってリツイートしたせいで、国際的に恥をかいた。 安倍首相の訪米を歓迎するトランプ大統領のツイッターに返事をすべきだったが、共和党議員を批判するツイッターに返事をした。

1

安倍首相は日本時間8日0時1分トランプ大統領のツイートに「私もいつものように偉大な友、トランプ大統領との実りある会談を期待しています」と返事の形式のリツイートを上げた。

トランプ大統領が「正午に日本の安倍首相と会うのを期待している。 北朝鮮との通商問題について議論するつもりだ」というツイートだと思ってこれに返事をしたからだ。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

しかし、実際に安倍首相が返事をしたのはトランプ、大統領が共和党議員を非難したツイートだった。 トランプ大統領は約12分先に掲載したつぶやきで「争うこともない、上院議席から恥ずかしい姿で追い出された人間がどうしてまた、選挙に出ようと思うか」とジェフ・フレイク共和党上院議員を非難した。

共和党内でもトランプ大統領を攻撃してきたフレイク議員が、最近2020年の大統領選挙に出馬するといううわさが出回ると、このような非難ツイートをした。

まちがいを悟った安倍首相は、直ちにツイッターを削除して、お返事をまたつけたが、すでに安倍首相のツイートミスは、ネットユーザーたちに知られた状態だった。

米CNNなどの報道を通じて、この事実を接した共和党フレーク議員は、自分のツイッターにフランス語で「Et tu、Abe?(安倍、お前もか?)」と書き込みを掲載した。 「ブルータス、お前も」というせりふに比喩してトランプ大統領だけでなく、安倍首相にも攻撃を受けたと皮肉ったものだ。

しかし、安倍首相の「ツイートミス」事件が発生して14時間が過ぎても、日本政府はこれを認知できずにいたとみられる。

菅義偉官房長官は、同日午後4時に開かれた定例記者会見で「安倍首相がトランプ大統領の非難の書き込みをリツイートしたことについて、CNNが報道しているが、どう考えるか」の質問に「私は初めて聞くためにコメントを差し控える。 知らないことだ」と答えた。 菅官房長官は、度重なる質問にも「そのような事実があったかどうか私はまだ知らない」と答えた。

3


 海外の反応 



・日本人はツイッターの仕組みを知らなかった様だ



・安倍が早く退くことが、日本国民が国際的な恥を少なく受ける近道と思っている



・安倍は本当にトランプが好きな様だ



・安倍はトランプを余り好きでは無いだろうけど、トランプは中国から一線を引き、北朝鮮を非核化してくれるから



・共和党議員はジョークが上手いね



・安倍は今病気だろ



・安倍・・



・日本の首相であっても、人間は生きて居ればミスをするものであり、極端な嘲笑をするのは止めましょう



・世界の首脳が見ていただろうな



・オバマがトランプを見る心情が、トランプが安倍を見る心情に成ている



・安倍はジョークの達人だね



・ナイス返事



・以前は安倍も有能な首相に見えたのだが



・日本政府は14時間もこれを認知出来なかった

引用元記事:https://goo.gl/3GJvv4 ツイッター

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース