海外の反応 


日本のスター、川島永嗣はゴールラインの技術を信じることを拒否した後、VARの審査を要求した。

1

日本のゴールキーパー川島永嗣は、コロンビアのキンテロが放ったフリーキックが明らかにゴールのラインを超えて居たが、断固としてゴールラインを超えて居ないと審判に訴えた。その試合に出場していた選手、テレビ試合を観戦していた数百万人の目から見ても明らかであったのに、川島はゴールが入った事を素直に信じることを拒否し、VARの決定を審査するように審判員に懇願した。しかし、科学技術による判定を拒絶した川島の主張は残念な物だった・・


               ご支援よろしくお願いします。
               




2



 動画!





 海外の反応 



・ワールドカップでは公正な審判をする為に沢山の技術が使われていますが、皮肉なのはそれを否定したのが日本のゴールキーパーだけだ



・日本のゴールキーパーが、ゴールラインを判定する技術に反抗していますね、これは今回のワールドカップで起こった一番面白い出来事です



・日本のゴールキーパーが既に入って居るゴールを否定した



・これはうなぎ・・もしくは斬新ですか?



・くそ



・何を主張しようと、決まった物は決まった物だ



・プフ、日本のゴールキーパーの手がゴールの内側に入って居る



・日本のゴールキーパーが入って居ない振りをしていますねハハハ



・日本のキーパーが入って居ないと抗議しているが、目を覚ませ



・この日本のGKは、ワールドカップの選手の中で一番年上なのだそうだ



・日本のゴールキーパーは都合の悪い部分は見えないのかな?



・どうしてこのキーパーはフリーキックの時にそんなに後ろで守って居たの?



・どうしてゴールラインテクノロジーがあるのに、このキーパーは抗議をしようとしたんだ?



・このキーパーは現代の技術を否定して抗議をしたハハハ



・この面白い日本のキーパーの名前は川島です



・日本のキーパーは狂った人だね



・このキーパーは自分に対して嘘を吐いて居るんだよ、明らかにゴールを割って居た



・このキーパーはゴールラインテクノロジーについて聞いた事が無いのだろうね

引用元記事:https://goo.gl/MJiznN https://goo.gl/tpuUnY(コメントはツイッターのコメントを上から順に)

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース