海外の反応 


アンゲラ・メルケルドイツ首相が、ロシアのワールドカップ組別リーグ3次戦で、ドイツのサッカー代表チームが韓国代表チームに0-2で敗れ、ロシアのワールドカップ16強進出が挫折したことと関連して「とても悲しい」と話した。

1

メルケル首相は27日、人工知能時代の倫理問題を扱った「機械と倫理」というカンファレンスに出席し、人間姿のロボット「ソフィア」と対話をしながらこのように話した。

ドイツ代表の敗北の知らせが入力されたソフィアは、代表がこれまで持ち上げた優勝カップを数えて、メルケル首相に慰めの言葉をかけた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




これにメルケル首相は「長い時間を思えば、それは事実」だと語りながらも、「しかし正直、今日、我々は非常に悲しい」と話した。

メルケル首相は今大会に政治日程を理由に出席しなかった。

同日の敗北でドイツは1勝2敗で16強進出に失敗し、ドイツのワールドカップ歴史上初めて、組別予選脱落事例として記録された。


 海外の反応 



・韓国だって、折角ドイツに勝ったのに16強に行けないのがとても悲しいです



・韓国は懸命にプレーをしてドイツに勝った。ドイツ系米国人審判の過激な偏った審判にもかかわらず韓国は勝利した



・韓国人選手は良く戦った!それを誇りに思う



・韓国人選手はとても巧みだったが、ドイツ選手も紳士的なプレー印象的だった



・ワールドカップの舞台で初めて見たチョヒョンウゴールキーパーが世界的なゴールキーパーの実力で驚きました



・ドイツチームはあまりにも紳士的



・ドイツのグループリーグ脱落が歴史上初めてだった。ドイツは韓国と同組に成ったのが不運だった。韓国は強い相手に強いんだ



・韓国は、韓国サッカー協会の改革を今からしなければ未来は暗い



・もう欧州の片田舎の隅まで韓国を知らない人が居なくなったね



・韓国はスウェーデンとそんな試合をしなければ成らなかったと悔やまれる



・韓国の勝因には、ゴールキーパーが良い活躍したというのがある



・この試合を見ながら1%の奇跡も実現できるというものを感じた。 いくら簡単な相手でも準備しなければ勝てない。試合だけでなく、全ての面で...



・今回の試合を見て、韓国代表は十分に可能性あった選手たちだった。 やっぱり監督が問題であり、大韓民国はスポーツ界に垂れ下がった学縁、地縁派閥を無くせばスポーツ強国に定着できると感じた



・韓国人だって悲しい、あんな優れた選手達が居る韓国が16強に行けなかったなんて、これも全て韓国サッカー協会の横暴のせいだ



・ドイツに勝ったのは良かった。 しかし、監督が選手の運用さえ上手だったら、我々が16強に進出出来ていたのに惜しい。シン・テヨン監督は運は良かったが、最悪の監督だった

引用元記事:https://goo.gl/zd4M5q

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース