海外の反応 


日本が2018国際サッカー連盟(FIFA)、ロシアワールドカップアジア国家の中で唯一16強トーナメントに進出したが、笑ってばかりに居られない状況に直面した。

日本メディアスポーツ報知は30日、西野朗日本代表チーム監督がポーランド戦を終えた翌日に選手と、スタッフを集めて会議を開いたと報道した。

これによると、西野監督は「16強に来たにもかかわらず、素直に喜ぶことができない状況を作ってすまない」と謝罪した。

1

ワールドカップ本大会で、アジアチームが、南米チームを制圧したのは初めてであり、セネガル戦、同点ゴールを決めた本田圭佑はワールドカップ通算4ゴールを記録、アジア選手歴代最多ゴール新記録を書いた。

ワールドカップが開かれる二ヵ月前に更迭されたヴァヒド・ハリルホジッチ監督の代わりになった西野監督の株価も上昇傾向を示した。

問題はポーランドとの3次戦、日本は引き分けても16強に勝ち進むことができたが、後半14分、ポーランド・ヤン・ベドナレクに先制ゴールを奪われた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




日本は攻勢に乗り出したが、コロンビア-セネガル戦でコロンビアがゴールを決めたというニュースが伝わった後、後方でボールを回しながら時間稼ぎに乗り出した。 試合が進むにつれ、観衆のブーイングも高まったが、日本は時間をする試合を締めくくった。

しかも、日本は、セネガルと1勝1分け1敗(勝ち点4、得失点差0)で同率を成し、フェアプレーの点数に先立ち、16強に上がった。

試合後、選手らは結果の重要性を強調したが、無気力な試合内容に対する叱咤が続いた。 日本国内でも勇気ある決定だったと支持したりもするが、アンチスポーツ精神だという批判も出ている。

結局、西野監督と日本選手団は通算3番目の16強進出、アジア最多記録を出しながらも、存分に喜べない状況に置かれるようになった。

日本は7月3日午前3時ロストフ・アリーナでベルギーと16強戦を行う。


 海外の反応 



・日本は自国民になぜ謝罪をして?全世界のサッカーファンに謝罪すべきだ



・一番日本らしい試合をしたと



・日本が今大会で大活躍したんですか?



・これは審判責任も大きい。日本がボール回しを始めた時警告を与えなければ成らなかった



・ベルギー8:0日本



・これで日本がもう一度敗北する機会を得た



・これが日本人の国民性だ。強者には最大限のお世辞とすり寄りをするが、弱い物に対しては慈悲が無く、徹底的に蹂躙する



・こんな卑怯な戦い方をした日本と対戦するベルギーが可愛そうだ



・日本乞食サッカー
中国バカサッカー
イランベッドサッカー
韓国キラーサッカー

韓国は、ブラジル、アルゼンチン、イタリア、スペイン、ドイツにワールドカップですべて勝利したアジア唯一の国家、大韓民国



・汚くて不快なプレーをした日本人



・日本は必ず3点差以上で敗北して欲しい



・これでとても狡い日本人の国民性が見える



・日本の行為は本当にコメディーだ。もしベルギーに負ければ、そんな馬鹿な真似したことを後悔するようになる



・日本はチケットにお金を払った観客に謝罪してね...



・日本はどうして、恥ずべき歴史を作って行くのか?

引用元記事:https://goo.gl/uZVZ1p

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース