海外の反応 


大韓サッカー協会が日本チームを率いたヴァヒド・ハリルホジッチ元監督と接触したものと見られる。

7日(韓国時間)、アルジェリアメディア「DZフット」は、大韓サッカー協会がハリルホジッチ前監督に韓国代表チーム監督と関連した提案に乗り出したと伝えた。

1

しかし、大韓サッカー協会がハリルホジッチ元監督と接触したことははっきりしない。 しかし、このメディアの主張どおりなら、大韓サッカー協会が自尊心を捨ててハリルホジッチ監督に出会えたことになる。 それだけに、監督の選任が全方位的かつ客観的に行われていると見ることができる。

東ア選手権:サッカー協会副会長兼監督選任委員長は、前5日、韓国代表監督の選任の小委員会1次会議を終えた後「申台龍(シン・テヨン)監督も候補に上げ、別の候補と競争する選任手続きを開始することにした」と明らかにした。

さらに、金委員長は「代表チーム監督選定基準は9回連続ワールドカップ大会に進出した格好に相応する監督だ。 ワールドカップ予選通過の経験や大陸カップ優勝経験のある監督でなければならない。 世界的な水準のリーグで優勝経験も必要だ」と監督選任の基準を提示したことがある。


               ご支援よろしくお願いします。
               




また、金委員長は「我々が追求するサッカー哲学は、能動的な試合で試合を支配して勝利を得ることだ。 審判に抗議しずに相手に報復しない、試合を尊重して迅速な試合運営を繰り広げなければならない。相手、審判そして仲間を尊重した謙遜さも追求しなければならない」と韓国サッカーの色と哲学を強調したりもした。

特に「体力と技術は基本だ。短期間に実現することは難しい。持続的にこの様なサッカーを達成するために努力しなければならない。幼少年から適切な教育も準備する計画だ」と付け加えたことがある。

ハリルホジッチ前監督は、日本で、ワールドカップわずか二ヶ月前に更迭されたが、若い選手たちを中心に日本代表チームをよく鍛えたという評価を聞いた。また、ボディーチェックを避けないフィジカルを重要視しながらも、相手のオーダーメード型戦術の準備も徹底したという。

特に、本田圭佑、香川真司など看板選手たちから脱し、若い選手たちを持続的に起用、チーム内競争を誘導したのは最も高く評価される部分だ。 実力中心に代表チームを構成して日本サッカーファンから脚光を浴びたりもした。

一方、大韓サッカー協会と似合うのかは未知数だ。 監督経歴を見ると、携わったクラブと国家のサッカー協会ごとに対立した。協会が対立をある程度覚悟するなら悪くない選択になることができる。


 海外の反応 



ハリルホジッチは、すでに韓国の把握を全部し、それをワールドカップでも立証した



ハルリルホチチは大丈夫だと思います。正直に日本代表は彼に合わなかっただけだ。彼のサッカー哲学は韓国サッカーとかなり似ている



・日本と関わったこの人スタイルが韓国と合うだろう



・ハルリル監督は守備を厚くし、逆襲の速度が速いサッカーを駆使する監督で、正直に日本のスタイルとは、最初から合わなかっただけ



ハリルホジッチは、本当に韓国スタイルなので、必ず連れて来てほしい



・面白いね。 直線的で速い速功を一度見たい



・日本で見捨てた物を拾って食べる韓国の水準



彼は、すでに日本を通じてアジアサッカーが分かったから十分



とても韓国とよく似合う監督だ



・韓日戦は真剣に戦いそう



・真のニポンキラー監督だ



・ハリルホジッチを歓迎!



・この程度の監督だけを連れてきても成功だ



日本に更迭され、プライドを傷つけられ、涙まで流した監督だ。日本に復讐できる最高の機会だね



・ハリルホジッチくらいなら来たらありがたい



・アジア杯決勝で、日本と対戦する時はとても面白くなる



・良い!ハリルホジッチ監督歓迎!



ハリルホジッチが首になった理由が、昨年12月の東アジアカップで「韓国選手が日本選手より優れている」と言ったのが大きかったそうだ



・彼は有能では

引用元記事:https://goo.gl/j9QYpe

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース