海外の反応 


ヴァヒド・ハリルホジッチ(66)監督が毒舌を惜しまなかった。

ハリルホジッチはボスニア・ヘルツェゴビナ国籍の監督だ。 2011年から2014年まではアルジェリア監督として在職して、全盛期を謳歌した。 最も最近、日本代表チームを引き受けたのを最後に現在は無職のままだ。

1

ところでハリルホジッチが日本代表チームから解任された過程が順調ではなかった。 日本サッカー協会(JFA)は評価戦の成績不振と、疎通の不在をあげてワールドカップを2ヵ月後に控えて彼を更迭した。 怒ったハリルホジッチは記者会見と法的対応も辞さないと耐えたが、JFAは西野朗監督を選任した。 以降、西野体制でワールドカップを行った。

西野監督は日本代表チームを率いたワールドカップでは、決勝T進出の成果を出した。 日本は16強戦ベルギー戦で8強進出に迫ったりもした。 しかし、2-0でリードしていたが2-3によって逆転負けをして大会を終えた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




ハリルホジッチがこれを批判し、自分が監督だったとすれば、逆転負けを期さなかったと力説した。 10日、日本のメディア<ゴールドットコムJP>によると、ハリルホジッチは「私が監督だったなら、ベルギーに2点をリードしていた状況で逆転負けしたことはなかっただろう。 私は監督としてそのような経験をしたことがない」と、声を高めた。

さらに、「もう一度言うけど私はリードを奪われなかっただろうと保障することができる。 なぜなら私はベルギーに3失点をしないため、どう動けばいいか知っているためだ」と説明した。

彼は突然の更迭に対する惜しさが残っているようだった。 ハリルホジッチは「私は日本代表チームと共にロシアのワールドカップで大きな成果を出せると思った。 しかし、私は更迭され、つらかった。 しかし、これがサッカーだ」と明らかにした。

これについて媒体は「ハリルホジッチの主張が、現実になったかは誰も分からない。 ただ、彼が日本代表チームの監督としてワールドカップに臨むわけにはなかったことを遺憾に思っているようだ」と付け加えた。


 海外の反応 



・ハリルホジッチは、2014年ワールドカップ組別予選でアルジェリアを率いて、ベルギー戦に善戦したからこれは虚言ではない



・監督をそのまま継続していたら、16強に上がる確率すら無かっただろ



・彼が監督なら、前半で2点も入れられなかった



・日本とあなたはあわないよ!!



・彼が韓国に来れば絶対日本には負けないね!



・恐らくハリルホジッチが監督なら、日本は16強に行けなかったでしょう



・そのまま大敗



・そんな結果論的な話をしても



・多分ハリルホジッチが解任されていなければ、日本は16強にも行けなかっただろう



・ハリルホジッチも気の毒だ。日本に不意打ちを食らって



・君が監督なら、一点も入れない



・韓国の監督に来てください



・サッカーの常識が無くても、2点差から逆転されるのは稀だ



・ハリルホジッチなら、逆転負けされることがなかっただろう、ゴールを先に入れることすら出来ないのだから



・ワールドカップでも、2点差を3点受けて逆転負けした例はありふれて居ない



・ハリルホジッチなら、2点先制が出来たのか?



・試合が終わってからこんな発言をしても



・ハリルホジッチも日本人らしい話をする様になりましたね



・ハリルホジッチなら、ポーランド戦でボール回しをしなかったので、逆に負けて16強に行けなくて批判されていたかもしれない



・ハリルホジッチはホンダを起用しなかったのに、ホンダは今回の活躍が大きかった



・ハリルホジッチが監督なら、日本は予選脱落だ

引用元記事:https://goo.gl/Gh54eb

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース