海外の反応 


SK建設が施工中であるラオス水力発電ダムでは、事故発生の三日前ダム中央部に沈下現象が現れたことが確認された。 しかし、住民の避難は沈下発生2~3日後に行われて人命被害が大きくなったという指摘が出ている。

1

韓国西部発電は25日、共に民主党のグォンチルスン議員に提出した「ラオスセナムノイ補助ダム崩壊の経過報告」を通じて「20日(現地時間)ダム中央部に約11センチの沈下が発生した」と明らかにした。

今まで施工会社であるSK建設が説明した事故の経緯には、当日沈下が発見されたという内容は含まれなかった。 22日にはダムの上部10ヵ所に連鎖的に亀裂・沈下現象が現れた。 肉眼で沈下の深刻度を判断できないためにダムに測定器をつけておいて確認した結果だった。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

この報告書には23日午前11時、ダムの上部に1mの沈下が発生したことによって、工事を総括する合弁法人(PNPC)は、州政府に待避案内の協力を要請したと書かれている。

標準的な規格(KS)基準許容沈下量は16.5㎝という点で、この時は、すでに危険水位をしばらく超えた状態であった。当日の午後2時30分報酬装置が現場に到着したが沈下加速の兆しが見えて待機するしかなかった。午後3時30分、少量の水があふれ経過し崩壊が始まった。午後5時には、下流地域の住民を対象にも避難を案内した。翌日の24日には、ダムが崩れ、5億tの放流が行われた。

現地マスコミは一連の事態をめぐって「ダム崩壊」と表現した。 西部発電もこの報告書に「大雨による崩壊」と記述した。

しかし、SK建設は「問題が生じた補助ダムは土砂を埋めて作ったアースフィルに上側の一部が切り離された」、「崩壊ではない」と明らかにした。 大雨による氾濫が生んだダム「流失」事故という主張だ。

SK建設関係者は「記録的な豪雨でダムの上層部の砂利と土などが水と一緒に流されたものと把握している」、「ダム崩壊なら、堤防が崩れ、水が流れ落ちたということだが、ラオス現場で崩壊の事実は確認されていない」と話した。 SK建設は幅730m規模の該当アースフィルで200m区間の上部が流失したものと把握している。

ラオス政府は被害地域を緊急災難地域に宣布して、軍人・警察・消防隊員等の可用可能なスタッフを総動員し、行方不明者の捜索や救助作業を進めている。


 海外の反応 



・SKがとても全世界的な恥をやってくれた



・工事において施工者も重要な部門だが、設計者、監理者そして発注者もそれぞれの義務と権利がある重要な工事施工パートナーです。です。 施工者SKだけを批判するのではなく、、設計士、工事執行者ともに明らかにして言及しなければなりません



・氾濫をするとダムの上層部が流失されるのなら、それはダムの役割をしていないだろう、ダムを建設する時は、氾濫してもダムはそのまま残らなければ成らない



・skが補償をしろ、我々の税金で払うと思うな



・SK言い訳がヘル朝鮮的だ。ダムが崩壊して氾濫したのではなく、水が氾濫してダムが崩壊したんだと



・これは一介の建設会社のミスで、企業が責任を負うべき問題であり、国民の税金で賄うな



・豪雨被害を防止するのがダムだ。大雨で崩れるのはダムではない



・国内でも手抜きなのに、海外にも不良



・事故を人災ではなく、自然災害に言い訳しようとしているSKにラオス国民の怒りがもっと大きくなっている



・企業の責任を国民が税金で尻ぬぐいをするのか見ものだ



・もし国民の税金で補償をするのなら、数千億円単位になりそうだ



・国際的大恥さらし



・工事責任者らは、ラオスの刑務所に服役しなければならない



・大韓民国顔にSKが泥を塗ってしまった



・国の恥



・工事期間を短縮して、価格を下げる為に手抜きをしたのなら、事故が起きない方が不思議だ



・1メートル沈下?その程度なら既に崩壊の水準だ



・熱帯性の豪雨の国で建設するダムは、集中豪雨に備えた設計費まで計算して施工しなければならないのでは無いのか?



・前兆があったが…黙殺した責任者の公開処刑

引用元記事:https://goo.gl/EkCSo1

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース