海外の反応 


朝鮮の科学技術を集合して建造された亀甲船に対して様々な復元が行われたのですが、当時の兵器たちの特性を考慮して艦砲19門が搭載された新たな復元模型が公開されました。

関連投稿:

2

新しく復元された亀甲船の模型です。 竜の頭の下、つまり船の前部に計4門の大型砲が付いています。

ロケット形態の超大型砲を撃つ天字銃筒二門と中型砲を撃つ地字銃筒両門がそれぞれ搭載されています。

龍頭には、一度に数十発ずつの弾丸を発砲する玄字銃筒配置されたが、船尾にも同じ玄字銃筒が両門配置されました。


               ご支援よろしくお願いします。
               




3

この模型は、神機箭と天字銃筒を復元した伝統火薬兵器専門家のチェ・ヨンソク教授が公開しました。

これは朝鮮王朝実録と李舜臣(イ・スンシン)将軍が書いた資料等を基盤に復元したものです。

1

亀甲船の側面にも鉛弾丸20発を同時に発射する地字銃筒が12門付いています。 このように船頭と船尾、左右に19の艦砲を通じて亀甲船が敵船を四方に攻撃したと蔡教授は分析しました。

亀甲船が実際にどのようになっているか、学者ごとに意見は違うが、艦砲の配置をもとに亀甲船を復元したのは今回が初めてです。

4


 海外(韓国)の反応 



・亀甲船は時代をリードして行った。世宗大王級イージス艦だ!!



・李舜臣(イ・スンシン)将軍様...本当に心から尊敬します



・李舜臣将軍が再び現れ、親日派を掃除してください



・壬辰倭乱の時、泗川文書に 李舜臣将軍に対する記録と亀甲船の形などが詳細に記述されているが、実際の亀甲船は2階構造だったと記録されている



・今韓国は技術より医師、教師、判事・検事...などが人気だ....科学技術が人気のある国にすべき強国になれる....



・李舜臣将軍様を10万ウォン札に入れなければなりません



・日本古書で、李舜臣(イ・スンシン)将軍を怪獣と描写しているというのは、それだけ彼らには恐怖の存在だった確証だ



・李舜臣将軍様が21世紀の人だったなら・・少なくとも中国と日本も我が領土だったに違いない



・大砲を一発発射すれば内部はガス室になったな



・その当時にあの程度なら、敵軍らが見た時はUFO、宇宙物体に見えただろう



・ポルトガルが商船を改造して横に大砲を設置して火力でアラブ、インド、東南アジアの海上占領していたが、亀甲船はその先を行っていた



・亀甲船は2階か3階なのかもしれない、初の鉄甲船だね



・莫大な威力と莫大な武装ものすごい勇気、すべてが国家と民を守る為、恐怖を勇気に変えていく、一滴の血と汗で守った亀甲船



・優秀な亀甲船よりも無能な先祖がもっと怖い



・李舜臣将軍のような英雄がまた出るか(泣)



・日本人らが強制占領期の資料持って行って隠した様だ

引用元記事:https://goo.gl/wB9nsp

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース