海外の反応 


韓国の伝説的な攻撃手「崔龍洙(チェ・ヨンス)」が日本Jリーグで活躍していた時代の経験談を打ち明けた。

チェ・ヨンスはJリーグに初めて進出した後、経験した困難を打ち明けた。チェ・ヨンスは1994年から2000年まで安養(アンヤン)LG所属で111試合に出場して44ゴールを決め、Kリーグ代表ストライカーに浮上した。

1

この様な活躍をもとに1995年の国家代表にデビューし、69試合で27得点を記録するなど優れた活躍を見せた。

この様なチェ・ヨンスが欲しかった日本Jリーグジェフ・ユナイテッドは、2001年3億円の移籍料で彼を迎え入れた。

ところで期待を抱いて踏んだ日本の土はチェ・ヨンスに地獄の様な場所だった。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

チームの仲間たちが彼に対して無視したのだ。 チェ・ヨンスは「パスもしてくれなくてトレーニングへ行っても若いチームの選手たちはあいさつもしてくれなかった」と「ベテランたちはそれを見ながら笑っていた」と告白した。

Kリーグ最高のスターがこのような待遇を受けなければならないのかと思っていた彼は、悩みを重ねた。 2~3ヵ月後には、韓国に帰りたいという考えもしたという。

しかし、知ってみると、これはJリーグ特有の文化だったと。 日本選手たちは自分たちが実力を認定する前までわざわざいじめをさせ、実験をする習慣があるとされた。

チェ・ヨンスは「人生を学んだ経験だった」とし、「私がゴールを入れて実力を見せてたら、私を認めながら親しくなった」と伝えた。

実際の挨拶もしなかった若い選手たちは、チェ・ヨンスの家まで訪ねて来て洗車をしてくれるなど、180度変わった姿を見せたという。

日本選手団の嫌がらせを実力で乗り切って「大将」の地位に就いたのだ。

一方、チェ・ヨンスはJリーグ進出後行われた121試合で75ゴールを決める怪物のような得点力を誇った。

デビューシーズンに得点2位を記録するなど強力なインパクトを残して依然としてJリーグでも伝説的な攻撃手と称えられている。


 海外(韓国)の反応 



・日本人は臆病で



・日本の虐め文化



・やはり実力が全てだ



・私はでも2002メンバーたちを全員愛している



・2002韓日ワールドカップの米国戦のシュート!



・日本人が洗車に来たと(笑)



・彼が現役時代は3試合当たり2ゴールの凄い活躍をした



・倭寇の奴らは臆病なので



・やはり日本には虐め文化が根付いて居る



・チェ・ヨンスは実力で認められたの?



・98年度ワールドカップはチェ・ヨンスのお陰で行けたんだよ



・チェ・ヨンスは現役時代、121試合75ゴールで50%以上のゴールを決める事を期待された素晴らしい選手

引用元記事:https://goo.gl/Sf1nnu

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース