海外の反応 


セピアン-セナムノイダム事故被害支援のため、先月29日、ラオス現地に派遣された大韓民国の海外緊急救護隊(KDRT)が、約十日間の作戦を終えた。 これらはまた、救護隊2陣に現場を引き継ぎ、9日20人全員が帰国した。 防疫要員まで含まれた22人規模の2陣の救護隊は7日から現地に投入された。

1

韓国医療チームの活動に感嘆した世界保健機構(WHO)関係者は、韓国に追加支援を要請した。 盧チーム長は「中国、タイより遅れて現場に到着した」、「しかし、昼休み10~30分を除いた残りの時間をそのまま患者診療に書いた隊員たちのおかげで韓国チームが最も高い評価を受けた」と伝えた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

地理的に近いタイや中国医療チームより遅れたりしたが、今回、救援人材の投入は異例的なレベルで速やかに行われた。 政府の派遣方針が立った後、三日も経たないうちに救護隊が現地に到着、活動を開始した。 事故が起きたダムは韓国企業が工事を務めており、韓国政府の税金が投入されて行われた始まった事業(公的開発援助)という点がその背景に挙げられる。

チョ看護師は「'韓国から来たと言えば、害を受けるかもしれないので注意して下さいという言葉を出発前にたくさん聞いて、不安に思ったのは事実」だとしながらも、「しかし、現地で活動する間、韓国企業や韓国を恨む場合は一度も接する事は無かった。 余計な心配をした」と話した。


 海外(韓国)の反応 



・救護隊の皆さんご苦労様でした



・親子が死んだのに、恨みがないって?



・恨みがないのではなくね、胸に抱いておいて表現しないだけです



・数多くの人が亡くなり、家を失いました。無暗に恨まれていないなんて言わないで下さい



・多数の行方不明者が出ているのに恨んで居ない筈が無い。ただ、ボランティアの人達にその感情を向けて居ないだけだ



・このマスゴミはSKから幾ら貰ったんだ?



・親兄弟が死んだ災害に恨みがありませんか?ラオスの人は助けに来てくれたボランティアの方にその恨みを語らなかっただけでしょう



・救護にはSKの役員が行けば良いのに



・救助隊に支援を受けなければならない被害者、が彼らの前で恨みを語ると思いますか?



・記者は恥ずかしいと思ってください。家族が皆殺しにされたのにどうしてこの様な記事を書くのですか?



・君が遺族の心の中まで見た? どうして恨みがないの?なぜ数人の話聞いて記事を書くの?



・家族が亡くなったけど恨みがないと小説を書くマスコミ



・ラオス人は国民性がとても善良だ。 企業もそれに合わせて補償をしなければならず、政府もこの問題が整理できように継続して見守らなければならない



・ラオス人は優しすぎてそうだね



・韓国の国民性の水準がラオスよりも劣って居る。韓国だったらろうそくを持って、震えながらリボンを作って、大使館の前でデモをしているだろ



・もし韓国が被害を受けたら...そう考えるだろうか?



・ラオス人は生まれながら純朴で、韓国人の様に犬の群れの様に飛びついたりしない

引用元記事:https://goo.gl/fCFWAq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース