海外の反応 


軍服を着た老人達が闊歩…戦犯旗をもって長い列を並んだ人たち…政治家参拝する時は'歓呼'

韓国には奪われた祖国を取り戻したのを記念する光復節であり、日本には天皇が敗戦を宣言し、戦争が終わったことを記念する日の8月15日。

1

毎年同日、そうであるように、特級戦犯が合祀された日本の靖国神社は、右翼の狂気に包まれた。

神社の入口には、日本が侵略国家、犯罪国家でないと書かれているプラカードが参拝客たちを迎え、神社の内外には、戦犯起因旭日旗があちこちではためいた。帝国主義時代の軍服を着た右翼らは頭を高く持ち上げて闊歩した。

右翼が打ち出した叫びには邪魔するものはなかった。

独島を竹島と呼び、自分たちの領土だと広報するのに熱を上げ、改憲を通じて日本を戦争できる国に変えるべきだという恐ろしい話を当たり前にした。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

右翼は、すでに靖国神社で300~400mほど離れた九段下地下鉄駅から狂気を存分に示した。

歪曲教科書を作るのに先頭に立っている「新しい教科書を作る会」会員たちは、かつての教育への回帰を叫び、改憲団体は「帝国主義時代に大日本帝国の憲法を復元しろ」と、印刷物を配布した。

町のいたるところには「国家国民のために戦った日本人を侮辱するな」のやり方で、帝国主義戦争を美化するスローガンが掲げられ、「南京虐殺犠牲者はなかった」と、露骨に歴史を歪曲する声も聞こえた。拉致被害者の写真を掲げて自衛権を行使すると戦争を煽る極右らも闊歩した。

スローガンが横行する騒がしい道に沿って靖国神社領内に入ると軍服を着て旗を持った老人たちが敬礼をしていた。

自分を92歳だと明らかにしたある老人は、厳粛な表情で通行人を叱った。 平和憲法を守ろうとする人たちを「平和バカ」と非難していた彼は「すぐにでも憲法を改憲せよ」と声を上げた。

軍服を着た一群の男性たちは、参拝客のすぐ隣に立って安倍首相が直接靖国神社に参拝しなければならないと声を高めた。

3

男性たちは「安倍首相はここに来て正々堂々と前に立ち、もし戦争が起きたら、再び負けないと決意を誓わなければならない」と叫んだ。

神社内には軍服を着て日の丸を振りながら改憲と戦争を叫ぶ右翼たちが闊歩したが、ほとんどの参拝客は、日本のどの遊園地へ行っても簡単に見ることができそうな平凡な市民だった。 極右らの叫びが「普通」の日本人たちの間にも染み込んでいる。

靖国神社に参拝する日本人たちは、ここが戦争で死亡した人々を称える場所だと強調するが、記者が同日、見て回った靖国神社は「戦争可能な日本」を懐かしむ右翼の解放区となった。

神社の中にある戦争博物館の遊就館は、別名ゼロ戦と呼ばれる太平洋戦争当時に戦闘機を、誇らしげに展示しており、博物館の隣の「特攻勇士の銅像」には勇士の労を労っするように飲み物が置かれていた。

同日、靖国神社には早くから政治家たちが相次いで姿を見せた。 政治家たちが神社に入る際、決まって歓声と共に拍手が送られ、政治家は真剣な顔で手を振った。

靖国に合祀された彼らは太平洋戦争特級戦犯14人を含めた246万6千人余りで、この中には朝鮮人2万1181人が含まれたものと推定される。 実際に位牌と遺骨があるのではなく合祀者名簿がある。

無断合祀された朝鮮人の遺族たちは、この2001年から合祀を撤廃することを要求する訴訟を行っている。 法的争いは裁判所から勝訴を得られなかったが、依然として続いている。


 海外(韓国)の反応 



・日本は人類歴史上唯一核を食らった国なのに、まだ正気に成って居なかった



・日本の右翼は戦争をそんなにしたいのか?日本の右翼勢力は時代が生んだ怪物だね、そんなに戦争時代が懐かしくて?



・日本の戦争病は、長崎、広島原爆投下だけはなく、日本列島全体が核を落とされないと治療に成らない様だ



・こんな老人に教育される日本人



・日本国民らは本当に自ら恥ずかしくもないのか?いくら歴史の時間に自分有利に歴史を習ったとしても、靖国で特級戦犯参拝を参拝し、戦争美化する姿に本当に呆れるばかりだ



・長い間歴史歪曲の結果物だね、東南アジアㆍ中国と提携し、日本の歴史を知らせる運動もしなければならない



・この70年間、日本が歴史教科書歪曲した結果だ。 日本国民は自分たちが戦争をなぜ起こし、アジア諸国で何を行ったのか知らない。日本政府は日増しに日本人を馬鹿にしている。ああだから国が豊かでも国民は貧しくて、国際社会では尊敬されることの無い国になったのだ



・この様な主張に、大体数の日本人は同調し、沈黙で支持している



・世界平和のために努力しなければならないが、戦争を望む人間が居るというのが実に残念なことです。戦争を起こせという老年層は生きる日が多くないが、子孫は何の罪があって戦争をしなくては成らないのか、さっぱり理解が行きません



・戦争は経験せずに、家族や友人が犠牲に成った経験がないと、その戦争に参加もしていなかったのに、その時代に生まれただけという身の程知らずの老人が、戦争をしようと大騒ぎする。その惨状を経験した人は、正気なら二度とは戦争しようという話ができないのだ



・昔も今も戦争を唱えているやつは戦争を経験した事が無い人間だ



・主敵はもう北朝鮮ではなく日本だよね?



・もし、この世代の老人が死んでから、日本はどんなに国が良くなるのか



・再び戦争を起こすやつ。倭寇



・歴史を忘れた国には未来がないからね



・悪魔の様な集団、侵略戦争のために死んだ人がいくらなんだ



・猿は口で制圧することができませんが、力で一度制圧すれば、二度はふざけずに忠誠する様になります

引用元記事:https://goo.gl/cqqBDq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース