海外の反応 


泣きっ面に蜂だ。 宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督が率いる韓国野球代表チームが、アジア大会台湾戦の衝撃的敗北余波の影響を忘れることが間もなく、「腸炎」の悪材料に会った。

KBOはキム・ハソンと呉智煥そしてチョン・ウラムの3選手が膓炎及び高熱症状で野球場に出ていない事実を伝えた。選手村の医務室で点滴を受けており、ラインナップ提出の元組織委員会にその理由を説明した。 試合は15-0で勝利したが、ソン・ドンヨル監督の心配が深まった。

1

ソン・ドンヨル監督は「負傷が心配だ。 高熱・下痢で3人が選手村を出なかった。 (30日に開始される)スーパーラウンドに合流するかどうかは未知数」と「どうして膓炎にかかったのかよく分からない。 今現在39度の高熱状態だ。 食べ物や氷水に問題があるのではないかと思う」と残念な表情を浮かべた。

まだ正確な腸炎の理由は分からないが、水道水から原因を見出そうとする声が出ている。 黄載鈞は「(ジャカルタに)水道水に問題があると聞いた。それでうがいをする時にもミネラルウォーターを使い、氷も食べない様にしている。大会終わるまで苦労しなければならない部分であるようだ」と話した。


               ご支援よろしくお願いします。
               




実際に大会序盤から韓国選手村では、うがいをする時も水質問題のために水道水の代りに、ミネラルウォーターを利用しという告知が出た。野球代表チームは、大会中盤から合流したが、この部分を多少軽視したようだ。腸炎にかかった選手たちは、ミネラルウォーターでうがいをしたが、実際の水道水で歯ブラシを洗ったという。

理由はともかく、台湾戦の敗北で茨の道を歩んでいる代表チームには大きな悪材料だ。もっと大きな問題はキムハソン・呉智煥の空白だ。 よりによって両選手ともセンターラインを中心に守らなければならない遊撃手資源だ。

すぐに2人の選手が抜けたインドネシア戦で黄載鈞が遊撃手を任されたが、慣れないポジションだ。 黄載鈞は「国内でもトレーニングの時、遊撃手、二塁手を練習した。 特に不便なことはない」と自信を示した。 しかし、2009年以降9年ぶりに三塁手に出た安致弘までの連鎖移動の変数が大きい。

人によって腸炎の強度、回復速度は異なっている。 3人の選手がいつどのような状態で走れるかは不透明だ。 28日の香港戦を最後に予選日程を終える韓国は29日、1日の休憩を取った後、30日からスーパー・ラウンドに入る。 決勝戦まで3日連続試合が行われる。 最悪の場合3人の選手が欠けた状態も覚悟しなければならない。 ただ、腸炎が一日も早く良くなることを願うしかない。


 海外(韓国)の反応 



・逆境に全部勝って、決勝に行って銀メダルを獲得ましょう、大韓民国ファイト!



・やはり定義は生きている腸炎には糞メダルなのか



・今回の国家代表チームは、歴代最悪だ!!!!



・サッカーや他のスポーツチームはどうしてかからないのに、野球だけにかかるか?



・とにかく選手団の管理がめちゃくちゃなんだよ。 東南アジアの水道水が悪いのは全部知っている事実だが、選手村に入った時にそれを知らなかったというのか?



・アルコール過剰摂取ではないか? それで腸炎のサッカー選手は居る?



・韓国代表は絶対に金を取るな、レジャースポーツ遊びをし、数億円の予算を無駄にして、その上軍免除までは我慢ならない



・他の種目の選手たちは水道の水を飲まずに、ミネラルウォーター飲みか?



・食中毒!!棄権。早期帰国.....!!!!!!



・私も後進国に行くときはミネラルウォーターを買って飲んでいるが、それを知らずに水道水を飲んで腸炎だと?



・ウイルス性腸炎は、普通潜伏期も数日あるらしくて到着するやいなや、訓練開始する前に観光をしようとして外に出て、外部の食べ物を何も考えずに食べたのだろう



・酒のつまみに変な物を食べたのでは無いのか?



・歯ブラシから腸炎に罹るの?本当に笑わせる。調査してみる必要がある。外に出て夜の文化を味わったのか...



・夜店に酒を食らいに行ったのじゃないか?



・他の国も全く同じで、他の種目も同じなのに



・今、ジャカルタだが、数日間、水道水でうがいをして洗っても全く問題ありません。記者さん本当に代表チームを擁護する為に水道水のせいであると記事にしているのか?



・水道水で歯ブラシを洗って膓炎だそうだ



・ハハハハ~もう空気のせいだけが残る



・公認球のせい、天気のせい、水道水のせい、負傷のせい、ネチズンのせい



・ノーメダルで家に帰ろう



・いかに劣悪ならば...水道水に菌が;;;;

引用元記事:https://goo.gl/b8LubX

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース