海外の反応 


日本防衛省は、海上自衛隊潜水艦に女性自衛官の配置を許容する方針だと読売新聞が31日報道した。 任務の増加や少子化による人力不足を補完するためだ。

2

2023年頃から女性自衛官を配置するという計画だ。 これで法的に女性配置が制限される役職は有害物質を取り扱う陸上自衛隊特殊武器防護の現場と、掘削作業で身体の負担が大きい陸上自衛隊トンネル中隊を除いては、すべてなくなりました。

日本自衛隊は1993年以後、段階的に女性自衛官の配置の制限を撤廃してきた。 昨年4月には女性自衛官の割合を昨年末6%水準から倍に増やすことを内容とする「女性自衛官活躍推進イニシアチブ」をまとめ、陸上自衛隊歩兵中隊など戦闘第一線部隊にも配置することができるようにしたが、潜水艦は、配置対象から除外された。


               ご支援よろしくお願いします。
               




3

秘密裏に動いた潜水艦に70人余りが乗船して、一ヵ月以上海中で勤務する場合も多い。 密閉された空間で長期間集団生活をするが、空間を最大限に活用するため、艦内には」脱衣室がない、シャワーをする時も通路で服を脱がなければならない仕組み」(海上自衛隊幹部)という。 女性用寝室や化粧室、浴槽などもない。 防衛省は「性別を考慮した環境はできない」は立場だった。

しかし、中国の海洋進出の強化で、東シナ海での警戒任務が増加したうえ、昨年末からは、北朝鮮の海上密輸監視任務が加わり、海上自衛隊は、人手不足が深刻な状態だ。

海上自衛隊の艦艇ではすでに乗務員の定員を下回る状態が日常化しているが、政府は現在18隻の潜水艦を22隻に増やす方針だ。 防衛省のある幹部は「女性自衛官の比率が高くなっていてこれ以上男性だけで任務を消化できる時代では無い」と話した。

防衛省は、まず広島県にある海上自衛隊「潜水艦教育訓練部隊」の施設を直して女性用化粧室と寝室を整備した後に教育・訓練を実施して5年程度にわたって女性の潜水艦乗務員を養成する計画だ。 短期航海にはすでに女性自衛官を乗船させて仕切りなどの性別を考慮した居住空間を設置できるかどうかなど、改善事項を点検しているという。

防衛省幹部は「女性自衛官の潜水艦展開の許容は事実上配置制限の全廃」と指摘し、「優秀な人材を確保したい」と話した。

1


 海外(韓国)の反応 



・女性自衛官は玩具に最高



・女性自衛官?



・成人ビデオの新領域を開拓するのだろ、 とにかくそちら方面は奇抜な才能を持つ奴ら



・自慰を助ける隊員?自国産の慰安婦配置するという



・潜水艦で、これ以上自慰したくない。 これだね~!



・日本人の特技である慰安婦だろ、そしてそれには強制性は無かったという言うのだろう



・韓国でも導入はあるか?



・日本人は、自分でするのに疲れたのだろう



・戦犯国の日本は潜水艦に女性を乗せて、蛮行を隠蔽しそうだ。ミートゥー運動が通じない国が日本なのだから



・男女平等も、好きなんですけど、仕事には「効率性」というものがある。もし女性が入る事で効率性や戦闘力が落ちたら、積極的に排除するのが、賢明な選択だ



・何故スチュワーデス、保育士、看護師、イベントのコンパニオンをほとんど女性で選ぶか考えて見ろ、潜水艦の様な特殊空間に女を許可すればセクハラの届出だけで増えるだけであって、何の役にも立たない



・日本は随分前からそうだが、何故何時も慰安婦を使うのか?



・自衛隊潜水艦勤務に女性まで連れて行くのか



・任務の増加や少子化による人材不足を補完する為の政策なのかな?



・日本人の人口の半分が老人で深刻だ。出会いが無いのが深刻



・同じ空間に女性が居るのは大歓迎



・潜水艦を戦犯旗で塗りつぶしをしたな...反省せよ日本



・ほら、日本の潜水艦はすぐに沈没するよ

引用元記事:https://goo.gl/8dpJQc

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース