海外の反応 


孫興民、ファン・ウィジョ、チョ・ヒョンウなど、韓国サッカーの未来を担う20名が、韓日戦の勝利で兵役免除という確実な戦利品を得ることになった。

キム・ハクボム監督が率いるアジア大会男子サッカー代表チームは1日、インドネシアで開かれた2018・ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、日本と延長戦の末2-1で勝利した。

1

キム・ハクボム韓国が率いる、韓国代表の最大な戦利品は軍隊制の解決である。韓日戦の勝利で20人全員が兵役特例を受けることになった。 アジア大会の金メダルを獲得して4週間の基礎軍事訓練だけ受ければ、兵役の義務を果たすことになる。

孫興民は2016リオ五輪8強で苦味を飲んたが、二度目の挑戦で、軍門制を解決した。今回、金メダルを獲得できなかった場合、満27歳になる来年7月まで入隊したり、入団が厳しい常駐常務や警察庁に入らなければならいた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

今大会で大活躍したファンウィチョとチョヒョンウも兵役を解決し、今後欧州進出など、他の機会を模索することができる見通しだ。

このほかにファン・ヒチャ、リ・スンウ(ヘラスベローナ)、キム・ミンジェ、ジャン・ユンホ、など、今大会で輝いた若い血たちもバラ色の未来を手にした。

特に峨山警察庁で軍服務中だったファン・インボムは早期除隊し、二倍の喜びを味わった。昨年12月に入隊したファン・インボムは軍人の一等兵から民間人に身分が変わった。

韓国は4年前に仁川アジア大会でも優勝し、代表20人全員が兵役特例の恩恵を受けたことがある。

韓国サッカーが2回連続兵役特例の恩恵を受け、選手達はバラ色の未来を夢見る様になった。


 海外(韓国)の反応 



・韓国選手は苦労し、兵役免除をされておめでとうございます



・本当にみんな疲れていたが、最後まで走ってくれたすべての選手達に尊敬して本当に愛している。よくやった



・日本を倒すのはやはりイ・スンウ



・サッカーは、兵役恩恵ももったいなくない



・最初から軍免除を受けた人には分からない、軍生活の中で早期除隊がどれほどファンタスティックなのか~



・予想とは裏腹にも大変な試合を行った。簡単に勝つと思ったが、韓日戦は、実力以外の何かがある



・サッカーチームは、恩恵を受けて当然だ



・サッカーは本当に必死にプレーをした。野球はプロリーグを送って試合内容が違い過ぎた



・日本人にとって、イ・スンウは、独立運動家または李舜臣(イ・スンシン)将軍の様だった



・ファン・ヒチャンも素晴らしいゴールを決めた



・ファンヒチャンのゴールがなかったら大変なことになるところだった



・やはりコリア



・サッカーは、兵役免除受けてもいいです



・韓国の選手は苦労した



・野球の金メダルを見てからサッカーを観たら本当にメダルの質が違っていた



・サッカーは闘魂、情熱のある久しぶりに良い試合を見た



・孫興民おめでとう!。 みんな苦労しました。もう花道を歩いて下さい

引用元記事:https://goo.gl/MiMZi1

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース