海外の反応 


韓日戦はいくつかの要素が複合的に影響を与える。 ゴールセレモニーも相手を刺激したり萎縮させることができる部分だ。 数多くのセレモニー中にもいつも記憶の中に残っているのはいつも韓日戦だ。

1994広島アジア大会で日本に2ゴールを入れてガッツポーズを見せてくれた黄善洪(ファン・ソンホン)の喜びを満喫したのは敵地で、日本サッカーの自尊心を制した十分だった。

1

最近の韓日戦で行われたセレモニーは相手に水を差して悠々と歩く散歩だ。2010年サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会を控えて、日本との親善試合で朴智星がゴールを決めたあと、見せてくれた散歩セレモニーはこれといった咆哮なしに、堂々と歩くことが核心だ。日本に対してゴールを入れることが何でも無く、軽く散歩するようにプレーするセレモニーは相手を沈黙させても仕方がない。

歴代最も熱かった韓日戦と呼ばれる2012ロンドン五輪3-4位戦でも韓国は、ク・ジャチョルの先制ゴール以後、ベンチに駆けつけて万歳三唱を繰り広げた。 当時、光復節を控えていた時点に奇誠庸(キ・ソンヨン)の提案で万歳セレモニーがグラウンドを沸かせた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

1日の日韓戦のゴールにも、鳥肌が出るセレモニーが相次いだ。 同日の試合で得点を記録したイ・スンウとファン・ヒチャンは、韓日戦の歴史に残るセレモニーを披露した。90分以上続いていた均衡を崩したイ・スンウは、ゴールを入れて広告板に上がって両手を耳に当てて自分に向けた歓呼に集中した。

20年前、チェ・ヨンスがフランスワールドカップ最終予選ウズベキスタン戦にゴールを入れて、広告板に上がるが滑ってしまったセレモニーをミス無しで再現した。サッカーファンたちはイ・スンウが踏んで立った広告版が日本企業のトヨタが刻まれた物であるため、試合後のイ・スンウの意図された(?)センスに感嘆までつくるくらいだ。

決勝ゴールの主人公ファン・ヒチャンは伝統となった散歩セレモニーをジャカルタまで拡張し、日本を沈黙させた。 ファンヒチャンは今大会8強でもウズベキスタン戦の決勝ゴールを入れ、ユニフォーム上の脱いで自分の名前と背番号を誇示する「メッシのセレモニー」で注目を集めてゴール以後示す行動も重要な試合の一部であることを証明した。


 海外(韓国)の反応 



・我々のスンウがトヨタを踏んで立ったね、利口なやつ!打倒日本



・イ・スンウには本当に日本キラーの本能がある



・戦犯企業トヨタ自動車に乗っている気の抜けた奴らが起りそう



・スンウが意図的にトヨタの看板に上がったのなら、国民の中で日本車乗っている国民は反省をちょっとしろ~~歴史認識がそんなにないのかな??



・トヨタのオーナーたち見ているのか?



・イ・スンウは、覇気と人格まで備え、すくすくと育って行け~



・サッカーはまた、セレモニーを見るのも醍醐味なんだよね



・トヨタでセレモニーするよハハハ



・イ・スンウは、スター性最高ですねよりによって飛び乗ったのが日本の広告板



・君は民族の敵殺人集団日本を踏んでくれた



・サッカー国家対抗戦は戦争だ



・本当にスリルを感じさせてくれた。感動だった



・トヨタは広告効果を享受



・イ・スンウはやり手だ



・トヨタの広告してやったのだ。こんな問題でマスコミが、日本の感情を刺激する必要はない



・スポーツにあまりにも政治をアップすることは自制してほしい....



・イ・スンウは本当に素敵だ

引用元記事:https://goo.gl/ad3og2

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース