海外の反応 


東亜(トンア)製薬がベトナムの国民英雄に浮上したパク・ハンソ監督の徳を享受している。パク・ハンソ監督をモデルに起用した東亜製薬のエネルギー飲料「バッカス」がベトナム市場に進出してから10年余りぶりに安着したためだ。

東亜製薬の内部では「パク・ハンソ監督の人気がこの程度であるとは思わなかった。パク・ハンソマジック(魔法)を実感する」の反応が出ている。

1

4日、地元メディアと東亜製薬によると、東亜製薬はこの6月、パク監督を、広報モデルに打ち出し、バッカスを販売し始め、今まで3ヵ月間、約166万本を販売した。金額では約1億円前後だ。 東亜製薬は2000年代初め、バッカスを発売したが、現地の飲み物に押されて苦戦して事業を諦めたことがある。

 しかし、今年、朴監督をモデルに起用した以降、急速にベトナム市場に食い込んでいる。 特に先月アジア大会が開かれ、販売量が急増した。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

現地で販売される、バッカスは250ml容量の缶の形で外観に、パク・ハンソ監督、写真や自筆サインが刻まれていて、サッカーファンたちのうわさを乗って全国販売網に急速に置かれているという。

 バッカスの発音が「朴恒緒(パク・ハンソ)(パカンソ)」と似ているという点も人気を得ている要因として挙げられる。 朴監督は、ベトナム現地で、韓流スターを上回る人気を博している。

ベトナム、青少年の間では、パク監督の顔が刻まれたティーシャツが必須アイテムに挙げられる。 アジア大会の街頭応援では、パク監督の写真が入った広報の立看板が応援道具としてよく登場した。

東亜製薬関係者は「地元の一部売り場ではパク監督、写真が入ったバッカスが品切れになったという」、「現地に特化した味を開発してベトナム専用バッカスで市場攻略に乗り出す計画」と明らかにした。


 海外(韓国)の反応 



・ビンが缶に成ったのも理由かもね、韓国でも缶で発売して下さい



・韓国の市場にまだ缶は無いけど、軍隊では缶があった



・会社の自販機にバッカスが売って居たので、私も何度も飲んだ



・ベトナムはレッドブルだったのに、そこに入り込むのが難しかった



・株価が13.6%上昇は、狂ったのでは無いのか?



・この飲料の、元々の名前由来がギリシャ神話、酒の神バッカスから取った



・俺は幼稚園児の頃バッカスが本当に好きで、毎日飲んでいた



・バッカスは瓶で飲まないと、缶はな・・



・1日一本以上は強いが、疲れている時にバッカスは良い



・パク・ハンソ監督は真の愛国者です。 大統領もできない外交だけでなく、経済的効果まで成し遂げたこのような人が国の指導者にならなければなりません



・良い事ですおめでとうございます



・1000人の外交官もできない大きな業績を成し遂げました



・パク・ハンソは、ベトナムの英雄だ。 もうパク・ハンソのマジックが順風に会ったんだ。 いつまでも行進するだろう



・バッカスって日本の盗作じゃなかった?

引用元記事:https://goo.gl/dEtQo2

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース