海外の反応 


日本と延長接戦を繰り広げた韓国代表チームは2-1で勝利を記録し、金メダルを首にかけた。

その中で最も歓声を浴びたシーンは断然イ・スンウ選手のセレモニーをだった。

1

延長4分、左サイドから上がった球をイ・スンウが強力な左足のシュートで決めて、ゴールを記録し、すぐに写真記者たちが集まっている広告板の方向に駆けつけ、その上に立った。

イ・スンウは威風堂々とした表情で自信あふれるポーズを取ったが、彼が踏みにじっていた広告板には「トヨタ」という文字が鮮明だった。

宿敵日本との決勝戦、運命を分けた初ゴール、そしてトヨタを踏んで立ったイ・スンウ選手。

偶然のわりにはあまりにも劇的な名場面だった。「日本を踏みにじった」は一つの象徴的なしぐさの様に見えた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

試合直後、自然に世論の関心は、トヨタに向かった。 トヨタが朝鮮人たちを搾取した「戦犯企業」という疑惑と過去の蛮行まで、見直されてあっという間に広まった。

実際にトヨタが朝鮮人たちを強制労働させたという事実が確認されている。

この2014年、国務首相室所属の対日抗争期強制動員被害調査支援委員会は、約4年間の調査の末に韓国人徴用者たちを搾取した企業のリストを暴露した。

委員会は、日本政府が発表した公式文書と各種研究書、文献資料などを検証した。 その結果、日本47の地方自治体に対して1,329社が設置した強制労働作業場4,042カ所の名簿を確保した。

トヨタもあった。 トヨタが別の戦犯企業らと同じく、日帝強占期に朝鮮人を動員して強制労働をさせたという事実が確認された。

被害者の生々しく証言がその証拠だ。 1943年春、全羅北道沃溝郡に住んでいた金某(当時20歳)氏は、家に攻め寄せて来た日本人に連れていかれ、日本の愛知県のトヨタ自動車工場に監禁された。

そこで自動車の付属品を組立しなければならなかった。 黒く焼けてしまった時間はおよそ2年。金氏は給料の代わりにタバコを受け、強制労働現場で搾取された。

こうした歴史的事実をもとに「トヨタは、朝鮮を収奪、搾取した代表的な戦犯企業の一つだ。 そのような意味で、イ・スンウのセレモニーがさらに感動的だった」という言葉が出ている。

しかし、一部ではこの意見に反旗を翻した。

彼らは「トヨタは、戦犯企業のリストに含まれていない。 あまり無理した'愛国主義だ」、「偶然なセレモニ一つで過度に意味を付与して嫌日を助長する行為」と主張した。

また、「そのような論理面全ての日本企業をひっくるめて、戦犯企業としては成らない」とし、戦犯企業の基準に関する疑問を提起したりもした。

トヨタは戦犯企業に含まれていない。 しかし、肝に銘じよう。 だからといって、過去の過ちから自由ではないのだ。

他の例を一つ挙げてみたい。 韓国で高い販売率を記録する「岡本コンドーム」が日帝強占期当時、日本軍慰安所にコンドームを供給していた事実が明らかになっている。

それでも岡本,コンドームは戦犯企業リストから外されている。 単純に搾取、強制労働をしなかったという理由で戦犯企業から除外されたという話だ。

このような点で、戦犯企業に関する議論がさらに必要だ。 たとえ、戦犯企業リストにはないが、過去の蛮行を犯して戦争犯罪に加担した企業は数えきれないほど多い。

また、私たちは知る必要がある。日本企業の製品を購入、使用することは、個人の自由だ。 ただ彼らが私たちにどんなことをしたかどうかは知っていなければならない。

どんな言葉でもトヨタが朝鮮人たちに蛮行を犯したという事実は変わらない。トヨタは戦争犯罪に加担し、搾取された朝鮮人たちの血を踏んで立ち上がった。

そしてイ・スンウはそれを踏みにじって立ち上がった。


 海外(韓国)の反応 



・イ・スンウに踏まれたトヨタは広告効果を受けただろ



・イ・スンウは、対戦相手が日本のチームだったので、日本企業の看板の上に上がったのか?



・イ・スンウは、戦犯企業という考えがあって踏んだのだろうか?



・もしこの記事の洞察理論の通りに、トヨタが戦犯企業なら、同じ戦犯企業のポルシェ、ベンツ、フォルクスワーゲン、BMWの様な企業の看板も踏む?



・イ・スンウは、何も考えずにセレモニーをしようとカメラマンが多くいた看板の上に乗ったのでは無いのかな?それが偶然トヨタの看板で



・トヨタを発展させた元飛行機のエンジニアが戦犯だったと知られているが



・スポーツを政治や歴史的に利用する人...今ょっとやめてください~



・真相はイ・スンウが語るまで分からない



・イ・スンウは、瞬間良く場所選ばず、カメラの前に飛び込んで行って上がったのがトヨタだった。それを何とかまた反日に利用しようとしているね



・よりによって思わず踏んだ看板がトヨタ



・そこにカメラマンの記者が多く、そちらに走って行って、相対的に背が小さいので、看板に上がったのだが、それを政治的なパフォーマンスと取られた



・トヨタを踏みつけたというのは、記者の解釈だろ



・イ・スンウに踏みにじまれたおかげで、トヨタの広告は太田リした



・トヨタは強制労働搾取をしていたのではなく、軍用車を納品していた企業なので戦犯企業に呼ばれ



・中島飛行機が元に成った富士重工業傘下のスバル車と、別名零戦と呼ばれた三菱の戦闘機を製作した三菱重工業の傘下の三菱車が代表的な戦犯企業である



・トヨタの場合、航空機を製作したエンジニアのごく一部が自動車エンジニアとして入社したのに過ぎない

引用元記事:https://goo.gl/TQcCqL

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース