海外の反応 


今年8月23日2018・ジャカルタ-パレンバンアジア大会で、大韓民国水泳国家代表のキム・ヘジン選手が練習中、中国のソンドゥオ選手に報復暴行を受け、大きな波紋が起きました。

1

ソンドゥオは、暴行以降、キム・ヘジンに謝罪したが、キム・ヘジンは先頭がスポーツマンシップに反する暴行をしたと判断して謝罪を受け入れず、処罰を望むという考えを明らかにしました。 翌日の8月24日、大韓体育会は、この事件に対する真相調査をアジア大会を主管するアジアオリンピック評議会(OCA)に要請して暴行事実が確認される場合、今後似たような事件の再発防止のため、適法な措置を取ることを促しました。

しかし、相応の処罰を希望するキム・ヘジン選手の意思は行われないようになる可能性が大きくなりました。 ソンドゥオに対する厳罰が事実上難しくなり、処罰が下されたとしても実効性がない形式的な軽い懲戒処分に止まると予想されるためです。

決定的な理由は、OCAがこの事件を直接調査しない代わりに、アジア水泳連盟に調査を要請したことから由来します。 しかしあいにくにもアジア水泳連盟内部で、この事件の真相を究明する責任者は、中国人の競技委員長です。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

競技委員長が中国人であるだけでなく、競技委員8人のうち、2人は香港とマカオ人で、他の2人も事実上、華僑出身で「親中国系」です。 だから競泳種目を管掌する9人のうち5人が'中国人または親中人事'なのです。 一方、アジア水泳連盟会長と副会長、事務総長など執行部と各分科委員会委員長、委員など数十個の要職に韓国人はわずか1名もいません。 私たちの声が反映される余地が源泉的にないという意味です。

中国の影響力がこの様に強力な状況下で、アジア水泳連盟が公正な調査結果を発表して中国選手に対して厳重な懲戒を下すというのは一言で期待できません。 OCAも同じです。 国内の体育界では「アジアで中国スポーツが占める地位と2022年、中国のアジア大会を考慮すれば、アジア水泳連盟が重い懲戒を決めることができない場合、OCAが乗り出して強力な処罰を下す可能性はほとんどない」と予測しています。 大韓体育会のある関係者は「アジア水泳連盟が先頭の懲戒案を引き上げれば、OCAが承認をする形で同事件が終結するだろうと予想される」と述べました。


 海外(韓国)の反応 



・アジア連盟が駄目ならば、世界水泳連盟でも訴えて 処罰を受ける様にするのが、大韓民工体育会の役割ではないか?



・中国水準とはこういうもの、不良品天地



・中国の低質さは終わりがないね



・何も出来ない体育会、協会は、なぜ存在しているのかね。 そのまま解体しろ



・自国の選手もまともに保護も出来なくても月給だけは良く貰っている



・大韓体育会と水泳連盟は覚醒しなければならない、自国の選手も保障できず、誤った事も訴えられないなんて



・何はともあれ、大韓民国のスポーツは協会が無能だよ、自国の選手もきちんと守れず~~~



・一体、大韓体育会は何してる団体だい?



・世界水泳連盟に提訴が答えだ



・韓国人選手たちが海外でグローバルカモに転落した…



・大韓体育会は何をしている?



・自国の選手も保護できないのなら、協会は必要無いだろ!徹底的に対応しなければならないのに



・あの暴行は刑事処罰しなければならない、インドネシア法廷に告訴しろ



・2022中国アジア大会不参加せよ



・大韓体育会は、自国選手の保護という意味でも、最後まで暴行選手が処罰を受けるように努力しなければならない



・自国の選手も保護できない大韓体育会……

引用元記事:https://goo.gl/1xzRGY

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース