海外の反応 


体操コーチが選手の頬を打った。 他の選手たちがいる訓練場だった。 選手の頭が回るほどコーチは力を乗せて手のひらを振るった。 いずれの形態であれ容認されない暴力で、それさえも一部の理解が得られている体罰の水準を超えた「パワハラ」だ。 日本は今明らかに暴露されたパワハラ事件で驚いた。

g1

被害者は2016のリオデジャネイロ五輪に出場していた日本体操国家代表、宮川紗江に加害者は彼を指導した速見佑斗コーチだ。 速見コーチは五輪を控えた2015年体操練習場で指導を理由に宮川を暴行した。 宮川は現在18歳、事件当時、15歳だった。 議論は3年後の先月日本体操協会が速見コーチに重い懲戒を下したことに触発された。 ただ、議論の展開が複雑だ。

宮川は自分を殴った速見コーチをかばっている。 彼は「誰かが選手団の内紛を図っている」、陰謀論を提起した。 その対象に協会の高位職幹部である塚原光雄副会長と塚原智恵子本部長を名指しした。 これらは夫婦だ。 宮川の主張を総合すると、速水コーチの波を求める塚原夫婦のパワハラに悪用された。


               ご支援よろしくお願いします。
               




1

塚原夫婦は世論の十字砲火を迎えた。 しかし、日本の放送局フジTVが6日、宮川の暴行被害の映像を報道しつつも、大衆の批判は幾つに散らばった。映像で速水コーチは宮川を訓練場の一方の壁に立てて頬を打った。 暴行は、少なくとも二回行われた。

映像はすぐ怒りにつながった。 体操服だけ着た宮川の無気力な姿が大衆の怒りを煽った。 塚原夫婦に集中していた大衆の視線は再び速見コーチに戻った。 いざこのすべての状況の被害者である宮川はまともに保護を受けていない。 宮川は自分の暴行被害の映像が暴露された後、「今、練習する心理状態ではない。世界体操選手権大会国家代表候補から退く」と話した。


 海外(韓国)の反応 



・あんな小さな子を殴るなんて理由があるのか?気の毒だ



・日本のあの文化をそのまま学んだのが韓国の学校と軍隊の文化で、それを伝統としてまだも擁護し固守する60、70代のお年寄り



・あんな悪い文化が、日帝時代に我々に伝播されたように...



・あれは体罰ではなく、完全暴行だが、あんなに打たれてもコーチを擁護しね。 もともと善良なのか、それともコーチが後ろで操縦しているのか分からない



・女性をあの様に扱うとは狂っている。多分日本の界隈には悪習的な軍隊の文化が残っているのが問題だったようで、それでも力のない女性に対してあまりにも虐待的で暴力的だ



・これが親切で包装された日本人の実際の国民性だ。汚い親族性交集団



・これが真の日本組織文化。日本の会社に通いながら肌で感じたです



・あんな若い生徒を、そうしなくても訓練が大変だったのに、子供を育てる親の立場ではあまりにも心痛いですね



・これって体罰の一部だよね、見えない所ではどれだけ殴られたのか



・これはまるで動物を訓練している様だ。恐怖で服従させる様に・・暴力は暴力を生んで愛は愛を生む



・運動選手出身者の人格がごみな人間なのは、これが理由



・サムライ精神、日本特有の退屈なスポーツや、社会生活で精神力強調の悪習



・私があの子の母親なら、私がコーチを殴る



・幼い女の子を殴るのにどうしてあんなに力を入れているんだ?



・女の子を男の子の様にぶん殴る日本人



・やはり、日本人は悪い奴

引用元記事:https://goo.gl/qVsgg1

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース