海外の反応 


頻繁な「暴言」で話題に上がっている麻生太郎日本副首相兼財務相が今度は日本を「主要7ヵ国(G7)のうち唯一の有色人種」だと表現し、発言を修正した。

12日付の朝日新聞によれば、麻生副首相は今年5日盛岡市で開かれたある集いで「G7諸国の中で私たち(日本)は唯一の有色人種だ」と話した。

1

同日の会合は、20日の自民党総裁選挙の投開票を控え、安倍晋三首相に対する支持を訴えるため開催した席だった。

彼は安倍政権が長期執権して日本の国際的な地位が高まったと強調し、「世界の関心が日本に集まっている」と語った。

有色人種という表現はよく白人がない人種をいうのに使われる。 G7には、日本の他に米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダが含まれている。

この発言が出た後、他のG7諸国を白人たちだけの国家と名指ししたのは誤った知識と偏見から出た発言で、差別的で傲慢な表現だという批判が続いた。 G7首脳会議のメンバーの中には皮膚の色が黒いバラク・オバマ大統領もあった。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

また、有色人種という表現が差別的な用語として使われたりもしている状況で、日本の政治家が自らこのような表現を使うのが適していないという指摘も多かった。

論議が起こると、麻生副首相は11日、閣議後の記者会見で「問題だとすれば(有色人種という表現を)、アジア人と変えられる」と、事実上、自らの発言を修正した。

彼は、発言の趣旨を問う質問に対して「第1回(G7)首脳会議以降、創立メンバーとしている国はアジア代表として日本だけだと話した」と答えたりもした。

彼は記者会見で記者たちに「そんな程度の話、有色人種という言葉を持って言いがかりをつけてと言うのか」と迫ったりもした。

麻生副首相は継続される暴言で議論を引き起こしているが、なかなか謝罪する姿を見せていない。

彼はこれに先立って財務省次官の女性記者セクハラについて「セクハラという罪はない」。「落とし穴に落ちたという意見もある」と話し、物議を醸した。 北米の首脳会談の前には金正恩国務委員長のシンガポール訪問と関連して「途中で落ちたら(墜落するのなら)」という言葉で皮肉ったりもした。


 海外(韓国)の反応 



・こんな奴を支持している日本人も凄い



・自らを有色人種と称する劣等民族



・こんな失言ばかり繰り返している政治家を選んでいる日本国民の水準も同じだ



・G7のうち唯一の猿と必ず強調をしなければならないか? 気色悪い奴ら



・日本国民たちの水準が低いから、安倍は何を言っても安倍の支持率は変わらない



・明治維新後近代化に成功した自分たちはアジアに立った「偉大な民族」だと自慢していますが、事実、欧米については、まだこの様に払拭できない劣等感を持っている民族でもあります



・G7中に猿はたった一頭だけだ



・このような右翼政治家巣窟の日本の政権も問題が多いが、これを支持する日本国民はもっと情けない民族だ



・本性が汚いやつらだから仕方がないな



・日本人は、白人の白丁。人種改良と白人を夢見た国



・アジアの唯一の戦犯国家、アジアの唯一の破廉恥国家、アジアの唯一の人間が犯しては成らない罪を犯しても罪状を認めない国家



・これが日本レベルの政治家です



・島国♪~の自責の念



・日本の奴らは、卑劣で強者には弱くて一度支配した隣国を甘く見て軽視する風潮がある



・こんな奴が、日本の為政者だ。近い内に日本列島は全世界的に孤立する



・外見も日本猿と同じね!麻生太郎よ!



・全世界で最も未開して野蛮的な民族が、まさに日本だ



・安倍首相の3度連続再選を認めることが出来ると言うのは、日本国民意識水準がその分低いという反証ですが



・麻生の顔を見ると、G7中唯一の有色人種ではなく、唯一の猿だよね



・低劣で厚顔無恥な、ちょうどあの国の国民の水準だ



・アジア唯一の戦犯国家

引用元記事:https://goo.gl/3YaovV

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース