海外の反応 


フランスが来年即位を控えた日本の徳仁皇太子をヴェルサイユ宮殿に招待し、マークロング大統領が主催する晩餐会を開くなど、手厚く歓待した。

1

エマニュエル・マクロン、フランス大統領は12日夜、日本の徳仁皇太子をパリ近郊のヴェルサイユ宮殿に招待して日本の伝統公演能楽を観覧して、国賓晩餐をともにした。

皇太子は、フランス-日本の国交正常化160周年を迎え、今年フランス全域で開かれる'ジャポニスム2018'行事に参加して両国の友好関係増進を行うために、7日からフランスを国賓訪問中だ。

マクロン大統領は、晩餐の歓迎のあいさつを通じて、「日本国民の繁栄と幸福を願って、両国の緊密な関係がより大きく広がるように願う」「皇太子をヴェルサイユ宮殿に招待したのは、フランスの日本に向けた尊敬と友情を示すもの」と話した。

徳仁皇太子もフランス語で「両国の友好関係をさらに強力に発展させていけると良い」と答えた。

同日の夕食会にマクロン大統領の夫人、ブリジッド・マクロン夫人は出席したが、日本の雅子妃は出席しなかった。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

雅子様は、米国のハーバード大学を卒業した日本の外交官出身で、徳仁皇太子と結婚して、皇室生活に困難を経験しているという。 夫の今回のフランス国賓訪問にも同行しなかった。

マクロン大統領が、自国を訪問した外国の首脳級人事をヴェルサイユ宮殿に招待したのは珍しいことだ。

絶対王政の時期フランスの強力な王権を誇示する様な、華やかなヴェルサイユ宮殿は、場所そのものがフランスでは象徴的意味が高い場所である。

フランス大統領がここで施した晩餐は格別に知恵を絞る必要がある相手にだけプレゼントする最上の持てなしと受け止められている。

3

したがって今回の歓迎晩餐会はフランスと日本の国交正常化160周年を記念し、来年5月王に即位する徳仁皇太子に対するフランスの大々的な歓待のジェスチャーと見える。

徳仁皇太子は、父の明仁天皇が2016年8月に皇位を放棄という意思を明らかにしたことによって、父親の退位翌日の来年5月1日に即位する予定だ。

日本に対するフランスの歓待は格別だ。 伝統的に日本はアジア国家の中でフランスが最も重視する国だった。

日本はアジアでフランスに対する投資額が最も多く、中国の次にフランスと交易量が多い。

この様な中、今年は、フランスと日本が外交関係を結んで160年になった年、フランス各地で来年春まで、日本と関連された公演やセミナー、展示会などの文化・学術イベントが盛大に開かれている。

徳仁皇太子は、一週間のフランス訪問を終えて14日に帰国する


 海外(韓国)の反応 



・日本の皇族は百済の子孫



・韓国人の血が流れる…百済の後裔天皇



・それでもあの皇太子は安倍よりはしっかりしているよ



・それでも天皇陛下は、周囲の反対を押し切って自分が百済の血統であることを明らかにして、日本の侵略に対する謝罪を持続的に行っている。それが何故かは知らないが、韓国や日本のマスコミはそれを大きく報道しない



・戦犯国に友情?



・最近は日本はフランスで旭日戦犯旗を掲げてパレードを行った。彼らは侵略国家日本に友好的だ



・これがフランスがヨーロッパの日本おt呼ばれる所以か



・略奪した文化財を返して下さい



・マクロン大統領の身長が173らしいが



・マクロンは親日だったのか?



・欧州は皆親日、当たり前だろ



・雅子様が可哀想



・世界秩序、平和、UN、こんなのは犬達に与えてしまって、お金だけが一番だよ



・フランスは欧州の中国クラス



・結局カネの前では何でもやるんだ



・マクロンは、日本の第2次世界大戦の戦犯蛮行の歴史さえ知らない、マカロンというお菓子を食っている幼いチンピラ政治家の様だ



・何か友情戦犯国なので友情と言っているのか?



日本の皇室を支持します。日本の侵略を謝罪をする天皇である



・どうしてこのニュースがメインに入って居るの?この国は日本か?



・マカロンが食べたい

引用元記事:https://goo.gl/UcViWv

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース