海外の反応 


日本の高校野球がお茶の間で屈辱を味わった。日本は台湾戦で1-3で敗れた。すでに予選韓国戦で1-3敗北を喫した日本は2敗目を抱え、8日、中国戦に関係なく、決勝進出日本は挫折した。

1

日本は第100回を迎えた甲子園スターを総集合させて、大会2連覇に乗り出した。日本のマスコミが出動し、連日大々的な報道を行った。しかし、宿敵韓国に続いて台湾にも完敗を喫して茫然自失している。甲子園スター投手、吉田輝星を投入したが、韓国戦では3点本塁打を打たれ、台湾戦では2失点した。

日本のマスコミは「台湾戦で、打線を大きく変えて攻撃的なラインアップを掲げたが、力の差を露わにした。 2連覇と6番目の優勝が消滅した。 中国と3位決定戦を繰り広げなければならない」と沈痛な反応を示した。日刊スポーツは日本の敗因を分析して注目を集めた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




第一には木製バットを取り上げた。日本の高校野球はアルミバットを使用する。 国際大会は、木製バットを利用する。木製バットの適応に失敗し、結局、台湾投手に2安打1得点に止まり、韓国戦は5安打に止まったということだ。 タイミングをつかむことが難しい上、まともにスイングをしなかったと選手たちが明らかにした。

国際ルールも取り上げた。 左腕投手の一塁牽制市ボークの規定が日本よりあまいで、機動力の野球を繰り広げることができなかったという点を指摘した。 ストライクゾーンも外側が広く、仕方なくボールを選ぶことができず、バットを早く出すしかなかったと分析した。

最も痛いのは、日本の野球特有の繊細さも失ったと指摘した。韓国打者が選球眼と先制能力を前面に出し、出塁したキムは3点本塁打を放ったし、台湾は4回のバントを得点に接続させた点を強調した。日本は5つの失策を犯すなど、守備陣も揺れひざまずいたのである。


 海外(韓国)の反応 



・日本には高校生チームが4000つあっても、運動はやたらに弱い民族だ!!!!



・そんな言い訳をしなくても、日本が下手なので負けたのだ



・日本は分析というより言い訳ばかり、他のチームにも共通に適用されるのは、原因分析をして対策するのが妥当だが、日本人は何時もそれを他人のせいや、外部のせいとして考える様に成り、教訓を得られない。日本人は教訓を得られないので一歩も進歩が出来ない



・負ければ何か理由を探しして、負けた時の言い訳をだらだら言うのが日本人民族性



・日本はお金を沢山持って居て、スポーツインフラや環境もとても良く整っているのに、それを勘案すれば、日本人は運動ができない民族なのか?



・日本人は甲子園に熱狂して、自分達がアジアで最高と思って信じたいのだろう



・甲子園が100年の歴史と言っても、恥ずかしいですね



・日本人は、負けたら直に認める態度を見せろ、ジメジメとあらゆる言い訳を言うのは見苦しい



・高校野球は自分達がアジア最強と信じて疑わなかったので、屈辱だよね



・韓国の高校野球チーム数:77
日本の高校野球チーム数:4,200

しかも日本人は朝から晩まで練習しても韓国に負けるので、種族が異なるから?



・甲子園怪物オールスターと自負しても、実際は中国と3、4位決定戦



・4000チームに、25人ずつ計算しても10万人だね。 ところで日本の高校生は250万人にも満たないが、10万人という数は多い、一方、韓国は120万人の内、2000人程度しか野球をしないが、それでもこれだけ強い



・日本よ、他の国もまったく同じ条件で試合するんだよ



・日本人は言い逃れだけは強い



・日本人は、悔しいを口にする民族。本音(本心)と建前(儀礼)が当然の言語である国。ホームグラウンドで、自国の試合にも日本審判陣をそろえ、ルールも日程も自分達で決めて置いて、負けるとそれでも言い訳をする

引用元記事:https://goo.gl/zKYFHK

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース