海外の反応 


安倍晋三首相が14日、自衛隊について日本と違って、海外では軍隊と認められていると主張した。

戦力を持った軍隊の保有を否定する憲法の枠を脱して居ないのに、国際社会では、自衛隊が事実上軍隊という点を強調したと、詭弁を述べたのだ。

1

安倍首相は14日、日本記者クラブで開かれた自民党総裁選挙候補者討論会で「(海外)各国では、(軍隊に対して)憲法上必要最小限という制約を置いていない。日本では、その様な制約を置くため、(自衛隊が)軍隊ではなく、実力組織という考えをしている」と主張した。

そして、「しかし、国際社会で、(自衛隊は)軍隊と言う認定を十分に受けている」と主張した。

安倍首相は、自衛隊が海外で軍隊に認められる根拠について、イージス艦保有と巨額の防衛費予算を上げた。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

韓国と中国など周辺国が、日本の軍備拡張を指摘し、批判したことにもイージス艦の増強と防衛費予算の拡大を強行したが、これらを自衛隊が軍隊に認められている根拠として打ち出したのだ。

彼は「例えば、イージス艦を数隻保有して5兆円以上の防衛費を使っている」、「こんなのが軍隊ではないというのは、国際社会で非常識的だ」と主張した。

しかし、日本憲法は、平和憲法条項である9条で「戦力で保有不可」を宣言し、日本が、正式に軍隊を持つことができないようにしている。

これによって日本政府は自衛隊を軍隊ではない「必要最小限の実力組織」と定義している。

憲法9条は、「国権の発動による戦争や武力による威嚇又は武力行使は国際紛争を解決する手段として永久に放棄する(1項)、前項(1項)の目的を達成するため、陸海空軍及びそれ以外のどのような戦力も保有しない。国家の交戦権は認めない(2項)」という内容で構成された。

安倍首相は野党など、国民と周辺国の反対にも平和憲法に自衛隊を明記する改憲を推し進めている。

とりあえず、まず改憲を実現させた後、交戦権を否定する2項を変える2段階の改憲を念頭に置いている。

彼は同日の討論会で改憲について「前後70年、一度も行わなかった改憲に挑戦し、国民の皆様と一緒に日本の新たな時代を切り開いていくという決議だ」と話した。

安倍首相の同日の発言に対して、総裁選挙の競争者である石破茂自民党元幹事長は「自衛隊が、国内と違って国外では軍隊だという主張は国際的に全く通用することがない」、「(国外に)しっかりと説明して日本の独立を守り、国際法によって活動することを説明することが自民党の責務だ」と指摘した。

彼はただ、「必要最小限なので戦力ではないという考え方は、かえって国民の理解を妨げる」という考えも明らかにした。

石破元幹事長は、改憲について「絶対に国民一人一人にまじめに説明せず、改憲をしてもいいとは思っていない」、「(国民が)憲法にちゃんと向き合って日本という国とまともに向き合うようにしなければならない」と話した。

議員内閣制の日本で、事実上次期首相を選抜する自民党総裁選挙は20日投開票が実施される。

選挙は自民党所属の国会議員(405票)と自民党の地方党員(405票)の投票で進められる。


 海外(韓国)の反応 



・戦争を夢見る本当の悪の軸は、日本と戦犯企業



・世界軍事順位は、最近、韓国が7位でが8位だ。日本の軍事費が5兆5000億円をこえて、これを更に安倍は増やそうとしているし、日本は韓国の海軍より、遥かに多くの軍艦を持って居る



・ムン・ジェイン大統領は、慰安婦合意を廃止しなければなりません。 韓日軍事情報包括保護協定も廃止しなければ成らない、そして済州国際観艦式に日本の軍艦が戦犯旗をつけて参加すると言ってるが、これもロックしなければ成らない



・我々は日本の軍隊は海賊と聞いて居るが?専門用語で倭寇



・我々民族の未来永劫の主敵は日本です。日本から脱皮をするのは民族の課題です



・崩壊しつつある日本があがいているんだね



・安倍は戦争を新しい成長動力と考えている



・国際社会で自衛隊が軍隊として認められる様に、罪のない日本の青年をスーダン内戦の真ん中に送ったのは安倍ではないか?



・日本は戦犯国家だが、それを否定しようとするね。米国は何してるの?



・日本が再び過去の全体主義時代に戻った場合、その時は日本人たちも無事では居られないんだよ



・安倍は、自衛隊が軍隊であることを主張することで、自分が憲法を否定していることを十分に認証している



・日本は、第2次世界大戦敗戦後に軍隊を持たないことに署名した。今の自衛隊は日本の防衛用と言っているが、戯言は止めろ



・これも精神勝利、幽体離脱です~



・周辺国と領土紛争の火種を作っておいて、いつでも軍国主義の復活を夢見る日本人



・戦犯国家が骨の髄まで反省して、死ぬほど補償をする様にしなければならなかったが、共産国家ソ連と中国共産軍を牽制する為にアメリカが日本を放置した結果、今日の反省しない極道者を作り上げてしまった。日本民族の特性上、自分より弱い方には絶対に反省しない



・結局、韓国を侵略するというんですね



・帝国主義をまだ放棄できない島国

引用元記事:https://goo.gl/911B9Q

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース