海外の反応 


韓国型ロケットである「ヌリ号」のエンジンの飛行検証のための試験ロケット発射が来月25日に確定した。

科学技術情報通信部は16日、「外部の専門家を中心に構成された「韓国型ロケット開発事業推進委員会」でヌリ号試験ロケットの技術的な発射準備状況と最適の発射条件などを総合的に検討した結果、来る10月25日と31日の間、午後3~7時に発射を推進することを決定した」と明らかにした。

1

科学技術情報通信部は、「最終的な打ち上げ日打ち上げ時刻は、今後の気象状況などを考慮して発射予定日に迫って決定する計画である。準備に問題がない場合は、10月25日に打ち上げ予定」と付け加えた。科学技術情報通信部は、気候状況の変化等に応じたスケジュールの変更などを考慮した発射準備日26~31日を設定した。打ち上げ日程など近い将来、関係国と国際機関に通達される予定である。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

ヌリ号試験ロケットは、韓国の技術で独自開発した75t級エンジンの実際の飛行検証のために全羅南道高興郡羅老宇宙センターから発射され、10分余りの間飛行した後、公海上に落ちる予定である。これにより、推進機関、構造、制御などのサブシステムと地上システムの性能検証作業も行われる。

ヌリ号75t級エンジンの開発主催の韓国航空宇宙研究院と開発に参加した産業などは10月25日を目標に、3~7月に総合燃焼試験を進め、7月には飛行モデル(FM)組立を終えた。以後8月以降発射施設認定試験を進めている。これまで75tエンジンの性能を確認するために、91回のエンジン燃焼試験を行い、最長燃焼時間260秒、累積燃焼時間7291.4秒を達成した。科学技術情報通信部は、「研究者の準備状況を最優先的に考慮して、羅老宇宙センターの最近10年間の平均風速と降水量などの気候状況を分析・検討し発射予定日を決定した」と説明した。

発射時間帯午後3~7時は発射当日のスケジュールなどを考慮して設定された。発射前に最終チェックと推進剤充填など8時間程度の作業が必要、午前の時間帯に発射するには無理が伴うと判断して、午後に決めた科学技術情報通信部は明らかにした。

試験ロケットは、宇宙軌道に進入しない(サブ - オービット)で、発射後約160秒後、100㎞の上空に舞い上がり300秒余りに最高の高さに到達した後、600秒余りぐらいに済州島と沖縄の間の公海上に落ちる予定ある。

国際民間航空機関(ICAO)と国際海事機関(IMO)は、試験発射体の発射予定日と予備日、打ち上げ時間帯、ロケット落下時、落下区域情報などが通知される。


 海外の反応 



・このような基礎科学技術が発展してこそ、国も発展します!!ファイト!



・失敗をしても、失敗から学べば完璧な成功と大きな発展をする事があると思います



・ロケットの成功の為に、夜も寝らずに苦労したエンジニアの方々苦労に感謝いたします。 科学強国大韓民国が発展することを



・ICBM技術確保努力に拍手を送ります



・完璧な成功をお祈りします~最強韓国



・韓国宇宙ロケット技術は、必ず発展して成長しなければならない重要な科学技術分野です。これは民間にも軍事的にも経済的にも、そして国家に力を付ける為にも重要な課題です



・失敗しても大丈夫なので、絶えず投資して独自的な衛星技術保有国なると良いですね



・失敗しても落胆せずに専念してください。 成功するまで応援します



・韓国は技術的にも自立しなければ成らない。米国がGPSを何時まで無料にしてくれるのか



・仮に墜落しても、拍手を送りましょう!!!



・平和的利用目的では拍手を送ります祝福します



・どうか大韓民国も少し発展を遂げてみよう!!!!!



・これに核弾頭も搭載できるのですよね?



・女性家族部に投入する税金よりも、ロケット開発に投資すれば良いのに



・ICBMですか? もはや核弾頭を搭載すれば強大国に成る?



・失敗は気にせず開発の努力を続けて下さい



・血と汗を流して作った傑作!きっと成功します。基礎科学の発展に貢献してくれる技術者の皆様本当に感謝します



・このような部分は、北朝鮮からちょっと学べ



・韓国は文科より、こんな宇宙開発ロケット開発や人工衛星開発をする理工系の方人材がたくさん必要だ



・韓国は宇宙大国に成れ

引用元記事:https://goo.gl/PKBCWm

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース