海外の反応 


忠清南道保寧で、ふぐを食べた50代の男女が命を失いました。5月から7月まではフグの産卵期だが、この時はふぐの毒が青酸カリの10倍も強いと言われているので、格別に注意をしたほうがいいでしょう。

1

夕方、忠清南道保寧のある川沿いの散策路で、58歳のイム氏が死亡したまま発見されました。

横に倒れていた59歳のキム某さんは病院に運ばれたが、結局、息を引き取りました。

原因はふぐ中毒と推定されます。

警察は隣人が、干したふぐを酒のつまみで食べた後、中毒を受けたと見ています。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

[金大錫/忠清南道保寧警察署捜査課長:近所の人がふぐを乾かそうと川のそばに干しておいたのを、二人が持って焼いて食べたものと思われます。]

フグ毒であるテトロドトキシンは、ほんの少しだけ摂取しても脳を攻撃して致命的です。

毎年40~50人ずつふぐに当たっており、初めには顔面麻痺が現れ、吐き気、嘔吐、腹痛が続き、ひどい場合は全身麻痺や死亡まで達します。

毒の吸収が速すぎて一度中毒と成れば、手の施しようがありません。

特に5月から7月、産卵期にふぐの毒性は、青酸カリの10倍を超えます。

3


 海外(韓国)の反応 



・どうして他人の許諾なしに持って食べるのか



・自分でおつまみを買って食べれば良かったのに、何故人の物を盗んだのかな?



・干物を盗まれるので、フグを干しておいた?ぶるぶる



・悪魔を見た…



・フグは、資格のない人が食用として手を加えれば、処罰されるのだけど・・



・未開



・魚を干していると、誰かに持って行かれるので、態々フグの内臓も除去しないで干していたのか?



・乾物が盗まれるので、ふぐを干しておいたようねぶるぶる、犯人捕まえるには至ったが・・



・もしそうなら殺人だろ



・身の毛が・・・フグを干した人は、殺人罪で逮捕さなければならない



・犬死にだね



・これは死んでも言うことなし



・とても苦しんで死亡した様だ



・本当に死だね・・



・農場を運営していると、どんなに警告の立て札を立てても、山でどんぐりを拾うかの様に盗んで行く泥棒が多い



・未開の死



・これは例え盗みとは言え、少し可哀そうだ



・人間トラップだね



・刑法第268条(業務上過失、重過失致死傷)業務上過失、または重大な過失により人を死亡に至る様にした場合は、5年以下の禁錮または2千万ウォン以下の罰金に処する



・この事件は、長くなった事件だよ

引用元記事:https://goo.gl/UL3BU4

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース