海外の反応 


日本政府がマッハ5(時速6120キロ)以上の速度で飛行する極超音速巡航ミサイルの開発を推進することを決めた。

1

開発が完成すれば、事実上敵の基地を攻撃する能力を備える事と成り、攻撃を受けた場合に限って防衛力を行使する「専守防衛」の原則を破ることになるという批判が多い。

19日、共同通信によると、日本防衛省は来年度の政府省庁レベルの予算案に極超音速を出す特殊エンジン技術研究費で64億円を策定した。

防衛省は高速飛行中にジェット燃料を燃焼させる技術、耐熱素材技術などを研究してマッハ5の飛行速度を可能とする「スクラムジェットエンジン」の試作品を作った後、2023~2025年作動実験を行う計画だ。


               ご支援よろしくお願いします。
               




通信は極超音速巡航ミサイルは核兵器を代替する次世代兵器として知られているとし、相手のミサイル発射台などを爆撃し、敵基地攻撃能力の保有につながるだろうという憂慮が出ていると説明した。

防衛省は極超音速特殊エンジンの商用化に向け、航空機の開発の分野で、関連研究実績のある日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)に協力を打診する計画だ。

極超音速の武器は攻撃力が高く、米国、中国、ロシア、インドなど核兵器を持った国家が実戦能力を向上するため、開発に積極的に乗り出している。

防衛省は「島の防衛のため、対艦ミサイルなどに使用することを想定して極超音速エンジンを開発しようと考える」とし、「米国などとは用途が異なる。 敵基地攻撃能力は、米国に依存するという考えに変わりはない」と説明した。


 韓国の反応 



・南北の和解平和ムードを破壊する後頭部打撃



・韓国の主敵、日本



・北朝鮮の核ミサイルは、日本のために必要である



・南北が互いを狙った銃口を日本に向けなければならない!!!



・韓国も積極的に兵器開発に乗り出さなければならない。 日本は今、密かにプルトニウム50トン以上を保存しており、核弾頭6000個以上を作ることができる量だ。

韓国は事実上日本が核兵器を保有したという仮定の下で発射基地打撃のための極超音速ミサイルなどを開発する必要がある



・真の主敵は日本



・日本は、南北経済協力や北朝鮮の鉄道を通じたユーラシア貿易から排除させてしまえ、そして、韓日海底トンネルは 絶対に建設できないように特別法を作らなければ成らない



・韓国の主敵は日本です。忘れないでください



・南北合同軍事演習が必要な時期がきたようだね



・侵略などの蛮行がDNAである



・大韓民国、主敵は日本だ



・日本は本来、大陸に向かった侵略根性がある



・日本は我が民族不倶戴天の敵、同じ空の下で生きられない人種



・北朝鮮の非核化を積極的に支持だが…日本の奴らの行動を見て居ると核弾頭は残して置かなければ成らない



・韓国は原子力潜水艦を作ろう



・これからは南北戦争ではなく、韓日戦争になりそう!



・米国は日本の真珠湾攻撃を忘れてはならない、日本が極超音速兵器を完成に配置することになると、北東アジアの安定を理由に、米国をいつでも後頭部打撃が出来る



・日本が敗戦した時、名前だけを韓国人に変えて生き残った奴らがいた。そいつらの子孫が今の親日派だ



・中国大陸には、有事の際に朝鮮半島や日本列島を攻撃する数千~数万基の弾道ミサイルが実戦配置されている。もし、日本の政治家ならそれに懸念を感じて超音速ミサイルを開発するのでは無いかな?



・全世界の脅威は北朝鮮ではなく、日本だった

引用元記事:https://goo.gl/FucAMF

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース