海外の反応 


第2次世界大戦が真っ最中だった1941年、日本が本格的な侵略に乗り出し、太平洋一帯と東南アジア地域を舞台として太平洋戦争が勃発した。

関連投稿:
1

日本は日本軍の性欲を満たすため、軍隊内に慰安所を作り、植民地や占領地の女性たちを連れて性欲を充足させる道具に使用した。

戦争中、慰安婦を運営し、性奴隷として女性をこき使っていた日本軍人太平洋戦争が終わって行くごろ食糧の補給が中断されると、想像もできないことを行った。

自分たちが性奴隷としてこき使っていた朝鮮人慰安婦を銃創で刺して殺して、日本刀でズタズタにして一緒に食べたのだ。

日本軍人が「朝鮮娘の肉で作った汁を食べた」「沸騰した鍋に入れて殺したりもした」


               ご支援よろしくお願いします。
               




信じにくかったこの話は、この2005年、北朝鮮労働新聞の報道で世間に知られた。

当時、労働新聞は「それは人間の正常な頭脳では想像もできない、永遠の罪悪だった」、「日帝の罪悪の歴史は歳月がいくら流れても遮断しことはできず、日本は、それに対する責任から絶対に逃れることができない」とこの行為に対して強く批判した。

日帝が食人行為をしたというのは、北朝鮮の犠牲者パク・ヨンシムおばあさんの証言でも確認できる。

1938年17歳の時に日本巡査に連れて行かれ、中国南京で慰安婦生活をした朴さんは「日本の奴らが君たちが食事もろくにできずにいるから今日は肉のスープをご馳走すると、肉のスープをくれた」と話した。

何事も知らなかった朴さんは器を平らげ、その姿を見た日本軍人たちは大笑いし、「その肉のスープが'朝鮮娘の肉で作った汁'だ」と嘲弄したということだ。

朴さんは「(日本軍は)彼らの要求に応じなかった娘を殺して鍋に入れて煮込んだ」、「日本の奴は本当に獣の様な奴」だと憤った。

慰安婦被害者らが暴露した日本植民地時代に、日本軍の蛮行は到底人間の行動とは信じられない狂気そのものだ。

慰安婦女性たちを性奴隷だけでなく、人体実験や食人の対象にした日本の蛮行は絶対忘れてはならない歴史だ。


 韓国の反応 



・もっと強い地震!もっとたくさんの台風!!



・元々日本人という奴らが卑怯な奴らだ。彼らは自分より強い物に卑屈に追従し、自分より弱い物にはためらいも無く残虐行為を行う



・やはり日本人



・本当に想像も出来ない程残酷で野蛮だ



・うわ、とても残酷だ



・気持ち悪い



・まあ、本当の話なのか分からないが、日本の奴らがした事だと思えば本当だろ、日本人の奴らは本当に残酷だ



・当時の日本軍ならそんな事もしただろう



・日本軍は、実際に連合軍捕虜の人肉も食べました。当時の日本軍は敵や植民地の人間に対する蛮行に寛大だったので、この話が大袈裟だとは思えない



・連合軍捕虜を食べた日本軍の大佐が言った言葉に、慰安婦女の肉は柔らかかったが、西洋の奴らの肉は硬くて臭いと発言した



・侵略者であり、過去に対する反省もなく、今でも大韓民国に対して干渉しているが、日本が本当の主敵で合って居るだろう



・父島人食い事件も明らかに成った事件の一つだろう



・戦争で狂気が起きるのは当然だが、ドイツと日本は、その狂気が度を超えて居た。そして日本の場合はドイツを超えるほど野蛮な行為だった



・日本人は中国人の首を切る百人切りを自国の新聞に載せて喜んでいた奴ら



・日本による食人行為はありました



・この証言は事実でしょう。そして日本軍は、太平洋戦争当時、捕虜を食料としたことがあります



・日本軍の食人行為は記録にもあります



・実際に日本軍の食人行為に関する証言が残っています



・小笠原事件では、お酒のつまみに米軍捕虜を殺しました



・小笠原島での食人行為は有名です。 ジョージ wブッシュも食べられそうになって脱出する



・米軍捕虜も食べた事があり、大戦末期、日本軍の食人行為は様々な記録から確認されました

引用元記事:https://goo.gl/zaVVHp

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース