海外の反応 


最近、ある韓国企業の東京支社長は、日本の企業人から嬉しそうな話を聞いた。

日本屈指の総合商社の重役としての経験が多かった彼は、韓国人職員の長所をいろいろ挙げ、称賛が絶えなかった。

1

この企業の場合、貿易を仲介する会社であるだけに、世界各国に支社を置いているが、最近、海外勤務をしたがらない日本人社員のために頭を悩ませたという。最近は、企業別に人材争奪戦が激しく、さらには海外の発令を出せば辞表を出して会社を移すという雰囲気さえあるのだという。

そしてこれに加えて、海外に送っておいても職員が現地に同化されない状況が繰り返されたという。 日本の商社の支社内では、日本語が公用語。事実上日本を移したような雰囲気の中に、何年が経っても日本人職員ができる現地語とは食堂で食べ物を注文するレベル程度だ。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

ところが最近、韓国職員をインドネシア支社に送ると、現地語を一生懸命に習ったかと思うと、事業相手にもこの様な点からいい反応を得て、肯定的な効果を生んだという話だ。 もちろん、ビジネスの成績は伴ってきたはず。なぜ韓国の「国際化」が早かったのか、輸出が急速に増えたのか理解することができたという言葉が出た。

それでこの企業は韓国支社で検証された韓国職員を本社に呼び寄せた後、教育し、再び海外支社に送らて「輸出の担い手」として活用する方策を探している。文字通り韓国人材をまともに活用(?)している日本企業だ。

就職難に苦しんでいる韓国青年たちが外国企業に良い印象を与えているなんて、嬉しいばかりですが、他方では第3国輸出市場で韓国青年同士の対決となっている状況も描かれる少し複雑な状況とも言えます。

□「半径1m世代」…成長の経験がない、日本の青年

数年前、京都大の某教授に会ったとき学生らに対してに話を聞いた。

「京都のそばに琵琶湖という湖があります。 ところが、近ごろの学生は琵琶湖の向こう側にも行かないようにしています。」

京都の東に琵琶湖があったが、ここを超えるという言葉は東京に行くという話でもあるが、その程度で外に出てこない、自分の属したところだけで生きようとするという意味だ。

さらに、教授は、この様な日本の若者たちを「半径1m世代」と表現した。

日本の青年は経済成長を経験していない世代であるだけに、未来の所得が増えるだろうという確信が弱く、基本的に自己緊縮性向が強いという。このような性向が変化を嫌い、自分の周辺、範囲内で与えられた状況に満足しながら生きていく方向に当てられたという話だ。

□ 昇進もしたくない若者らが、徐々に縮小する日本

昨年5月三菱UFJリサーチ&コンサルティングがおもしろい調査結果を出したことがある。 新入社員1,300人を対象に調査したが、「出世」と「出世なく楽な業務」の一つを選ぶ調査で53.4%が「出世なく楽な業務」を選んだ。

日本企業内では、昇進をしないようとするいわゆる「昇進忌避」現象が広範囲に広がっているというのはもう驚くほどのニュースもない。定年が保障され、人手不足で定年延長までなる場に敢えて苦労して多くのことを負担する管理者になりたくないという心理だ。

進取性の不足は海外に留学する学生数が減ったことからもわかる。 2004年8万2,945人を頂点として2015年には5万4,676人までその数が減少した。 どんなにせっぱつまれば、日本政府が奨学金まで作って海外留学を奨励して乗り出したのだろうか?

そうでなくても内需市場中心の閉鎖的なガラパゴス「日本経済構造」に加え「日本の中に住んでいるんだけど、なぜ?」と言って変化を嫌い、外国生活を避ける若い世代の性向まで加わり、日本企業の国際競争力が、日増しに弱化しているという懸念の声が日本国内に高まっているのが実情だ。


 韓国の反応 



・韓国の若者が日本の企業で良く働いて居る話なのだが、その企業の中にも戦犯企業もあるはずだ



・韓国企業はこの様な有能な青年達を非正規職で雇ったままで、正規職昇進はもちろん、再契約もしてくれなくて追い出す。これでは韓国企業が発展する道はないだろう



・韓国の有能な若い人材を日本に奪われるのが良い事なのか?マスゴミ



・ムンジェインは公務員ばかり増やして、それに加えて日本に人材まで奪われているのに、何がいい事だ?



・問題は、韓国人職員の年齢が高くなっても社内の差別で昇進できない



・日本で働く韓国人は、平社員に終わるというのは何故どうして使わないんだ?



・韓国の若い雇用がないから人材を奪われている。韓国の人材を全部奪われる大韓民国の未来が明るいと思うか?



・それでも韓国より先進国だ



・過去倭寇が高麗-朝鮮から略奪行為したもののなかで最高の戦利品は当時の刀匠だった。 陶磁器が当時、最高付加価値の商品だっただけでなく、これが結局、当時の大名ら金儲けになったからだ。

そうして貯めたお金でそれぞれ地域別に軍隊を強化して、織田信長・豊臣秀吉を経て、重商主義が位置づけられ、日本全般的に膨大な付加蓄積され、結局、朝鮮は逆転されてしまう



・人材の流出によって起こるバタフライ効果だ。 歴史を忘れるな



・韓国人が日本企業の奴隷に成った様な内容に見える



・早く南北経済協力して、我々の人材を外国に奪われないようにするしか方法が無い様だ!



・自国の青年が海外に出ているのに、その穴を外国人労働者を受けれて埋めて居るのが残念ですね



・自由党の奴らと日本の奴らはほぼ同じ種族である

引用元記事:https://goo.gl/gb8pTd

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース