海外の反応 


本庶佑京都大学の教授と、ジェイムズ・アリソン(70)、米テキサス大学のMDアンダーソンがんセンター教授が2018年ノーベル生理医学賞の受賞者に選定された。 スウェーデンのノーベル委員会は1日、記者会見を開き、この様に発表した。

2

 ノーベル委員会は「免疫抗がん剤の原理を発見した功労を認めた」、「二人が研究した免疫抗がん剤は作動方式は違うが、がん細胞を抑制するのに効果がある」と話した。

本庶教授は1992年免疫抗がん剤の核心物質PD-1を発見した。 アリソン教授も、25年間免疫細胞活性化に関与する物質のCTLA-4に関する研究を進めた。 二人の研究成果に基づく免疫抗がん剤は3世代抗癌剤と呼ばれ、近年注目されている。


               ご支援よろしくお願いします。
               




3

免疫抗がん剤は免疫細胞活性化を通じ、抗がん剤の耐性を克服する。 アリソン教授は2015年にバークレー大学とのインタビューで「免疫坑ガン療法は免疫細胞ががん細胞を攻撃する様にするのが核心」とし、「ガン細胞は体内の免疫体系から攻撃されないようにする特殊な能力があるが、これを解除する」と話した。

免疫抗がん剤はその効果が検証されている。 日本製薬会社小野薬品工業は本庶教授の研究成果を基に抗がん剤を開発し、2014年、抗がん新薬のオプディボを出した。

多国籍製薬会社MSDもこのような研究をもとに2014年免疫抗がん剤を開発して販売している。最近、脳腫瘍で完治したと明らかにしたジミー・カーター(94)元米大統領も免疫抗がん剤処方されたという。 これに先立ち、米食品医薬局(FDA)は2011年CTLA-4を応用した免疫抗がん剤ペンブロリズマブを許可した。

日本出身の生理学医学賞受賞者は5人に増えた。 日本は2015年と2016年にもノーベル生理医学賞の受賞者を輩出した。 本庶教授を含め、日本は今まで23人のノーベル科学賞の受賞者を輩出した。

日本のマスコミは1日、本庶教授のノーベル賞受賞を速報で伝え、「日本人の26番目のノーベル賞受賞」を祝った。 朝日新聞によると、本庶教授は同日夜、記者会見で「重病から回復した人たちが'あなたのおかげだ'という言葉を聞くと研究が意味があると感じられて嬉しい。 これからもより多くの患者を救うように研究を継続する」と話し、「私の受賞が基礎医学研究者たちに勇気を与えられたらもっとうれしい」と受賞の感想を述べた。


 韓国の反応 



・これは全部侵略戦争の時に生体実験して得た結果だ



・反日韓国人の人々は免疫抗がん剤で治療を受けては成らないよね



・同じアジア人としてノーベル賞受賞を心よりお祝いします



・今年も韓国人が劣等感爆発する時間です



・このニュースの次にはムン・ジェインと金正恩のうち誰がノーベル平和賞されるか がメインニュース1位に上がっていたらしい...国が狂って行っているなぁ...



・韓国の様に金儲けの様に医学部に行かせている人類貢献よりは(泣)



・韓国は生命工学、生命科学こうした分野を冷遇して、ひたすらに医学部でも異常に臨床で育てている現実、全国民が負担する健康保険料は、基礎科学に投資してこそ、健康を守る道だ



・韓国でもこの様な人物の誕生をお願いします



・我々はムンジェインのノーベル平和賞だけを狙っています



・なぜ韓国はノーベル賞を受けられないだろうか?金大中の平和賞は抜きで!



・本当に日本が受賞するのを見たら、我々は日本についていくにはまだまだである



・私の愛する母が免疫抗ガン剤の治療を受けています。ありがとうございます。おめでとうございます



・正直に恥ずかしい



・免疫力が最高だ!にんにく食べます



・韓国人はお腹が痛くなります



・やっぱり日本ですね、すごいね~

引用元記事:https://goo.gl/hoHs2k

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース